自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バンクーバアイランドへの旅 Part 3

8月28日 Part 2

サンドラの家に荷物を部屋においた後、車でサンシャインコーストESLスクールへ。
美和さんのページで写真だけは見ていたグラント先生にお会いできました。うーん、紳士好きの私。好みだわ。知的だし、家大きいし、海に向かってベランダが広がっている!はっきり言って、プライベートビーチですよね?ミスター!
「海の向こうにある大きな岩を指さして引き潮だったらあそこまで歩いていけるんだよ、10分くらいの散歩だよ。ハッハッ!」

 ”Oh,素晴らしい!”

その言葉しか見つからない。

奥様と二人で家を改築して学校にしたグラント先生。かつて大学で英語を教えたり、高校で教師をしたりしていました。奥様もケンブリッジ検定という英語の試験官で、長年の経験があります。プールだった場所を教室にし、今はガレージの半分を改築中で新しい生徒さんが来るのに準備に追われているという感じ。作っている最中だったので、ボランティアでも手伝いますけど。

ともかく楽器にビリヤード本当に芸術的なものが溢れています。きっとここはセカンドハウスにはぴったりですね。ただ天気が悪いと長いこと居れない気がします。
きっと驚かれたかもしれませんが、日本人の私にとって彼の日本茶(玄米茶)の入れ方が間違っていたのがイヤで教えてあげました。お茶はお湯をぬるま湯にして入れるんですよ。
あ、でも今思えば玄米茶は冷やさなくても良かったのかな。緑茶はぬるくないといけないと聞いたことがありますが。

2時間ほど先生のお家にいて、その後は夕食タイム。美味しいチキンとたっぷり野菜のオンパレード。食べて食べて食べました。(笑)普段節約しているからね。

食器を洗った後、しばし団らんタイム。10時に戻ってきた美和さんが飲みに行こうと言うので、車に乗って町のパブへ。小さくて田舎町のパブって感じ。
若い子たちがどんどん入ってくるんだけど、バンクーバで見たような洗練?された都会の子はやはり見つからない。(とはいってもカナダ自体洗練された人はあまり見あたらないんだけどね)2時間ほど飲んで、就寝タイム。

パジャマに着替え、トイレに行き、部屋のドアを閉めた瞬間!ドアが内側から閉まり、どうしても開かない!!美和さんが途中で荷物を取りに来てくれなかったら朝私は起きても閉じこめられたままでした。次の日の朝サンドラに聞いたら、雨が降ったりした後木が膨張したりしてドアの枠とドアがぴったりくっついてしまったのねぇとあくまでも落ち着いている。さすが、海に近いからそれもあるのかもしれない。独りでここには住めないぞと思ってしまった私でした。
[PR]
by pepo629 | 2004-09-04 07:01 | Canada Report