自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

京の雪降る中を

「君は明るくて楽しい子だね・・・・・・・・」

あなたがそういったことを思い出しました



真夏の花火を見に行ったあの日からもう何年経ったことでしょう

あなたは今ここには居ない

あなたには新しい恋人が居て幸せそうに話していたでしょう?

雪が舞う京の都に久しぶりに出かけました・・・

あなたと行った京都の街は今日も変わらずでした

あなたは何をしているのでしょう?

ただ時間の経過だけが私を変えていくのですね

あなたとの距離は縮まることも遠ざかることもないでしょう

b0005238_22395994.jpg


ただ

私にはあなたへどうしても言っておかなければならないことがひとつ

あなたに愛されてると気が付かなかった私を許してくださいね

幼かったのです

二年という長くもなく短くもないカナダ生活を通して

あなたが私に言い続けてきたことが今ようやく分かるのです

大人になったでしょう?(笑)
古都京からの便り

※ ケーキの写真は今日食べたお菓子です!大納言パイ。ウルルン!(笑
[PR]
by pepo629 | 2005-02-11 22:21 | Poem