自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バンクーバアイランドへの旅 part4

8月29日(曇り)

 朝起きるとそこには海が!浜が!私を呼んでいる!(笑)
 ということで朝お友達と二人で散歩20分。
 ビーチと言うよりごつごつの岩だらけで危ない。(苦笑)

 ともかく11時前に帰宅。帰ってきたらすぐに御飯を調達しに行くぞ。と言う声に財布を持たずにみんなに付いていく私。スーパーやフードコートを色々見たものの結果的にはマクドナルド。お金を借りてこの日一番安いセットを頼む。チーズバーガーとポテト、バニラシェイク。
5ドル也。

 安いと思って簡単に買おうとするとタックスという恐ろしいものが付いてくるので要注意。
3.5ドルと思っていたら14%の税金だからね。結局4ドル超えるんだよね。(苦笑)
どうでも良いんだけどさ。

 サンドラと旦那様、美和さんにそれぞれマックのランチを買ってお家に戻る。
昼食後しばし時間が空いたので美和さんが仕事をしている間、サンドラの旦那様(名前忘れちゃった)と6人の生徒でパウエルリバー観光。色々な湖、山に連れて行ってくれるが、タイムアップ。4時半くらいにコモックスへのフェリーに乗るため。

優しい笑顔に見送られ、ハグをしてからフェリー乗り場へ。

車で5分。このフェリーに乗ったとたん美和さん、何を思ったのか観光してます!と言う表情を見せ、フェリーのスタッフに声を掛けました。話が進んでいくうちに「操縦席を見ることが出来るよ」と言う声に一同興奮。
地元のこどもには「駄目」と厳しい一言でしたが、私たち東洋人にはとっても優しい(ハート)
(このときの写真はphotoのページのどこかにあります)

トルコの旅行の時もフェリーに乗って今回と同じ経験が出来ました。b0005238_14325216.jpg
写真を撮りまくり、英語もままならないのにベラベラ何かを伝えようとしていた大学3回生の春。今なら当時以上にお喋りが出来るはず。


 風景が綺麗です。夕日が綺麗です。曇っていながら美しいです。
海と船とそして波しぶき。時間はなんてゆっくり流れるのでしょう。

 この日の夕食は自炊。コモックスから車で40分くらい?の所の町にあるユースホステルでスパゲッティ。この日私は初めて吐くほど食べるという意味が理解できました。
食べた後、うろうろ落ち着かなかったのは、少し気分悪かったんです、実は。

ビリヤードを初めて挑戦してみて、テクニックが必要なのね。と言うことがわかり、
ケベックから来たという男の人に声を掛けると奥様がビリヤードをすることになり、
7人全員がトーナメントで戦ったのですが、ゲストだったはずの彼女が(彼女はメキシコから来てだんな様と結婚して今は女の子が1人いるという幸せな女性)優勝しちゃいました!
優勝したシーンを寝ていたため見逃しましたが、翌日の朝もだんな様と30分以上お喋りして本当に楽しい夜でした。有難うございます!お喋り楽しかったです。

ちなみにこのだんな様英語はもちろんフランス語、スペイン語が堪能でございました。
やっぱり現地に住んでそこの言語をマスターして結婚相手を探す、これに限りますね
(脱線??)
[PR]
by pepo629 | 2004-09-11 15:18 | Canada Report