自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

尼崎脱線事故考察13・・・重体だった女性が意識回復そして・・・



 「お母さん…」。兵庫県尼崎市のJR脱線事故で重体になり、意識不明が続いていた同県西宮市の鈴木順子さん(30)が、事故から5カ月を前に意識を取り戻し、言葉を発した。「108人目の犠牲者になりかけたのに…」と、母もも子さん(57)は涙が止まらない。
 25日に尼崎市で営まれる事故犠牲者の合同慰霊祭。「亡くなった皆さんの分も順子が生きていくことを報告したい」。もも子さんも参列し冥福を祈るつもりだ。
 2両目に乗っていた順子さんは、ヘリコプターで大阪市内の病院に運ばれた。内臓が破裂し、脳も損傷を受け、生死の境をさまよった。医師からは「覚悟しておいてください」と宣告された。



生きることは素晴らしいんだ。
動かない時間は何の変化もないけれど、
生きていると言うことは
時間が動くってこと・・・・。

4月25日の悲劇的な事故から5ヶ月が経とうとしている今日、一つの女性が
意識を取り戻したという新聞記事。
感動しました。
今でもあのショックで新聞内で特集されていたコラムに涙が溢れます。

あー108人目にならなくて良かった。
同年代の女性だから気持ちはさらに強いです。
体を大事にしてください。
順子様
[PR]
by pepo629 | 2005-09-24 22:47 | News