自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アル中のホームレスに少量のお酒は良いらしい??

 3日発行のカナダの医学会雑誌CMAJによると、ホームレスの人々に、定期的に一定量のアルコールを提供することで、健康改善などに役立つことが分かった。
 長期間慢性的なアルコール依存症を患っている成人のホームレス17人に対し、午前7時から午後10時までの時間に1時間につきグラス1杯、1日最高でグラス15杯までのワインまたはシェリーを与えるというプログラムがオタワ中心に2002年から開始され、現在も継続されている。




 同プログラム開始後平均16カ月で、3年前と比べ、法に触れる行為をしたホームレスの人数は51%減少し、病院の緊急治療室を訪れる回数は36%減少した。
 同リポートをまとめたメンバーの1人であるターンブル博士は「『少量』のアルコールを与えることで依存症を安定させれば、彼らがそれまで受けていた不必要な医療サービスを減らすことができる」と述べた。
 プログラム参加者17人のうち3人がアルコール関連の病気のために亡くなったが、リポートでは、彼らはいずれせよ死亡していた可能性もあるとしている。
 プログラム参加者は、以前と比べると、アルコール摂取量が減少したほか、睡眠、衛生、栄養、健康レベルのすべてが改善したという。
 プログラム実施には1人当たり1カ月約771カナダドル(約7万7200円)かかるが、1カ月1人当たりにかかる緊急治療サービス96カナダドル、病院での治療費150カナダドル、警察費用201カナダドルが節減できるため、部分的に相殺できるという。
 ターンブル博士は「禁酒が最も適切な手段であることに100%同意する。ただ、禁酒が失敗した人々には、ケアを提供する必要がまだある」と述べた。

[PR]
by pepo629 | 2006-01-04 15:45 | Canada Report