自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Munichi   ミュンヘン (スピルバーグの叫び)

ミュンヘン見ました。
めっちゃ疲れましたし、深刻すぎました。
b0005238_1123784.jpg



今の自分の心情ではコメディのほうが良かったんですけどね。

それはそうとドキュメンタリーの映画は大好きなので 映画評をしましょう。

★4つです!


映画自体は暗いですし、歴史的にまったく勉強をしたことのない国のことばかりだったので、難しすぎました。
ストーリーを追って疲れる映画よりは分かりやすかったですが、
せりふが多いし、中東あたりの知識を入れて見たほうがずっと楽しめると思います。

最後のほうで「死を死で報復しても何も得られるものはない」

生まれた娘を抱きながら自分を恨んだでしょうね。
任務終了後、故郷を捨ててNYに住むことを選んだ主人公アヴァナ。
この後の人生はどうなっても精神的にはまるで「ベトナム戦争後の若者たち」
と同様普通の生活は出来ないだろう。


なんだかNYで起きた「世界貿易ビル爆破」と「イラク戦争」の関係と同じだなっていう感想。

ただ、アメリカ人であるスピルバーグがこのような映画を撮ったことへの評価は
偉大だと思う。


映画のブログ・ミュンヘン

タニグチマサヒロさんのページ

中東のことはここでチェック。





映画の祭典、第78回アカデミー賞授賞式が5日(日本時間6日)、当地で開催される。今年は作品賞をはじめ主要賞に、同性愛や中東問題など各方面で物議を醸した問題作がそろってノミネート。米連邦捜査局(FBI)は授賞式がテロの標的になる可能性が高いとみて、会場周辺で例年にない厳戒態勢を敷いている。
 世界最大の映画の祭りを前に、ハリウッドがかつてない緊張に包まれている。今年は作品賞だけでもカウボーイの同性愛を描いた「ブロークバック・マウンテン」、イスラエル選手団殺害犯への報復を描いた「ミュンヘン」など、社会派一色になったからだ。
 「ミュンヘン」に対しては、米国の政財界に強大な影響力を持つユダヤ系社会から不快感が出ている。また外国語映画賞候補になった、パレスチナ人の自爆テロをテーマにした「パラダイス・ナウ」に対しても、イスラエル人らの国際団体が、候補取り消しを求める嘆願書を米映画芸術科学アカデミーに提出。約3万3000人分の署名とともに「作品はテロを賛美しており、権威ある映画賞が与えられればテロを誘発する」と訴えた。アカデミー側は嘆願を突っぱねている。
 最多8部門にノミネートされ、本命視される「ブロークバック-」も、社会から大きな反発を受けている。ベネチア国際映画祭グランプリ、ゴールデングローブ賞最多4部門受賞など前哨戦を総なめにしてきたが、米国ではキリスト教右派勢力を中心に同性愛を絶対悪とみなす意見も根強い。
 同作に出演した米女優ミシェル・ウィリアムズ(25)は、カリフォルニア州のキリスト教系の母校から「卒業生がゲイをテーマにした映画で苦悩する女性を演じたのは非常に不愉快。当校の価値観とは異なり、一切かかわりを持ちたくない」と絶縁宣言された。
 こうした背景から、会場のコダック・シアター周辺では、FBIとロサンゼルス市警が警備の最終確認を続けている。会場周囲は1日から交通規制が始まっており、毒ガス検知器まで設置されている。当日は狙撃隊や爆発物処理班も周辺に待機する予定だ。
 イラク戦争直前だった03年も、対テロ警察特殊部隊やFBI捜査員が大量動員された。しかし、今回は作品そのものを守る異例の厳戒態勢となった。

[PR]
by pepo629 | 2006-03-05 11:00 | Movies&Books&Dramas