自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

堀江さん釈放(3億円)されました。もっと悪い人達は官僚じゃないか?!

堀江社長 逮捕の詳細

保釈金を払って彼は拘置所から出ました。
きっと旋風を巻き起こしてくれるでしょう。

昨日夜母と話していましたが、堀江さんが行った粉飾決済はどの会社でもやっていることだし、あんなに早急に堀江さんだけが拘置所で拘留されるのはおかしい、
国会議員に立候補したときはあんなに持ち上げたのに
落選後の彼への対応は政治力という言葉を出さずにはおれません。

もっと言えば、堀江さんの拘留はあんなに迅速に行われ、検察が
保釈金を払った後も「彼を保釈すべきじゃない!」と言い張った。

でもその一方でなぜ12名の人を薬品で殺し、今でも目の痛み・精神的なショックを残している「地下鉄サリン事件」もう終わりにしてほしいの最高責任者「松本ちづお」(通称:麻原ショウコウ)は
なぜ長い間死刑にもならないで生き延びているんだろう・・・・と。

確かにそれはいえると思った。



ライブドアの証券取引法違反事件で、東京地裁は27日夜、同法違反(偽計取引、風説の流布、有価証券報告書の虚偽記載)の罪に問われた前社長堀江貴文被告(33)の保釈許可決定を不服として東京地検が申し立てた準抗告を棄却した。同地検は憲法違反などに限られる特別抗告をせず、堀江被告は保釈された。
 逮捕から94日ぶりに東京拘置所を出た堀江被告は報道関係者に向かって「世間を騒がせ申し訳ない。ライブドアの株主、従業員、関係者に心配をかけた」と話した。
 起訴事実を否認している被告が初公判の前に保釈されたのは異例で、昨年から導入された公判前整理手続きが堀江被告に適用されたことなどが影響したとみられる。
 堀江被告は1月23日に逮捕され、証取法違反の罪を否認してきた。




同協会によると、労働安全衛生に関するテキストや法令集などの出版にあたって、厚労省職員などに執筆を依頼し原稿料を支払っているが、内容が変更されない増刷の時にも原稿料を支払っていたという。また、予算消化のため、決算期の変わる4月以降に購入した印刷物について、日付のない納品書などを受け取り、3月中に仕入れたよう帳簿類に架空計上していたという。

 ◇うち3億8000万円は悪質な所得隠し

 協会は、事業主の自主的な労働災害防止活動を促進する目的で64年8月、労働災害防止団体法に基づいて設立された。出版のほかに研修会の実施や研究活動を行っている。04年度の一般会計収入は約99億円で、国からの補助金や受託収入が約51億円を占めていた。理事長は沢田陽太郎・元厚労事務次官で、厚労省のOB計19人が役員を務めている。

 同協会は「見解の相違もあったが指摘を受け、既に全額納付した。コンプライアンス(法令順守)を徹底させたい」としている。

 厚労省によると、問題となった同協会の出版物の増刷分の原稿料は、98~01年の分で、この間116冊の本で延べ632人が計3億5700万円を受け取っていた。大部分は同省職員だという。同省安全衛生部では「原稿料は省内の規定を超えるものではなく、増刷では数字のチェックなどの作業は行っており、問題があるとは思わない」と話している。

[PR]
by pepo629 | 2006-04-28 15:54 | News