自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

謎は解けた! ダ・ヴィンチ・コード!<裁判官の暗号>

今日の朝刊を見て驚いた。こういう裁判官が居れば本当に救われるね。


 謎は解けた。英国海軍提督の名前が隠されていたのだ。

ダン・ブラウンのベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」の著作権侵害をめぐる裁判の判決文に隠されていた暗号が解き明かされた。それは同小説に登場する暗号のように難解な内容ではなく、単に英国海軍の提督に関する記述だった。





ピーター・スミス裁判官は71ページに及ぶ判決文の数箇所に、イタリック体の文字を使って秘密のメッセージを埋め込んでいた。

今週、弁護士の1人が判決文に暗号が隠されているかもしれない、と発表したため、その事実をめぐって様々な憶測が飛び交った。

しかし、暗号の存在を指摘したダン・テンチ弁護士は、その翌日には解読に成功していたのだ。裁判官の暗号は小説「ダ・ヴィンチ・コード」にも登場する、「フィボナッチ数列」だったのだ。

「試行錯誤の結果、暗号解読に至る法則を発見しました」、とテンチ弁護士はコメント。

判決文に隠されていた暗号を解読したところ、「Jackie Fisher, who are you? Dreadnought(ジャッキー・フィッシャー、あなたは誰? ドレッドノート)」という文になったそうだ。

スミス裁判官は海軍好きとして知られており、また、フィッシャーというのは英国海軍提督ジャッキー・フィッシャーのことで、ドレッドノートというのはフィッシャー提督がデザインした戦艦だ。

テンチ弁護士は暗号文についての自分の見解をスミス裁判官にメールで報告したところ、しばらく後、暗号を隠した事実と、フィボナッチ数列こそが解読のカギであることを認めるメールが裁判官から届いたという。

また、スミス裁判官はパズルや日本の数のパズルなどにはあまり興味がないと話しており、「私はクロスワードが好きではないし、忍耐強い人間でもないので数独を最後までやり通すこともできないが、暗号の準備に40分、そしてそれを文に隠す作業にさらに40分を費やした」とメールには書かれていたそうだ。

[PR]
by pepo629 | 2006-05-01 09:13 | News