自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

北朝鮮 拉致解決へ第一歩。 米大統領との対談

日本の小泉さんと話すよりずっとずっと価値のある対談が横田早紀江さんとブッシュ大統領との間で行われた。(4月27日)



拉致被害者の横田めぐみさんの母早紀江さん(70)は27日午前(日本時間28日未明)、米下院の公聴会で拉致問題の早期解決を求めて証言した。家族会メンバーの米議会での証言は初めて。また、早紀江さんらとブッシュ大統領との面談は、28日午前11時(同29日午前0時)からホワイトハウスで行われることが決まった。

 大統領は、05年6月に、脱北者で韓国紙・朝鮮日報記者の姜哲煥(カンチョルファン)さんを招き、約40分にわたり北朝鮮での生活などについて聞いたことがある。

 公聴会で、早紀江さんはメモを手に、北朝鮮が02年に拉致を認めたのにめぐみさんら被害者を救出できない悔しさを時折涙ぐみながら訴えた。また、拉致被害は12カ国に及んでいるとしたうえで、「すべての被害者を助け出し、これからの人生を自由の地で過ごさせてやりたい」と、世界に向けて経済制裁の発動を呼びかけた。

 今回の公聴会は、外交の諸問題を扱う「国際関係委員会」の「東アジア太平洋」「人権」の両小委員会の共催で、北朝鮮の人権問題がテーマ。これまでも脱北者らが証言している。早紀江さんの証言は、北朝鮮人権法に基づく予算措置などに反映されるとみられる。

[PR]
by pepo629 | 2006-05-02 09:58 | News