自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

巻、中田に巻かれるな!(笑)

良いんです、これくらい個性を出してくれたほうが!
やりやすいんです!(ヒデ代行)
Excite エキサイト : スポーツニュース


サッカー日本代表国内最終合宿(20日、福島・Jヴィレッジ)W杯代表にサプライズ選出されたFW巻誠一郎(25)=千葉=が、MF中田英寿(29)=ボルトン=ら欧州組と初めてミニゲームなどの実戦的練習をこなした。巻は中田英に「ぼくは真ん中で仕事がしたい」などと自己主張するなど、自身のプレースタイルを理解してもらうために積極的なコミュニケーションをはかった。

 けがを恐れずボールに体ごと投げ出すプレースタイル同様、物おじすることはなかった。午後に行われた8対8のミニゲームでのこと。巻は休憩中に同じチームだった中田英に身ぶり手ぶりでアドバイスされた。しかし『世界のヒデ』にびびることなく、自分の意見はしっかりとぶつけた。
b0005238_15154918.jpg

〔写真:中田英(左)と巻がピッチで共演し互いの呼吸を確認〕




 「“真ん中にいないでサイドに流れて、ボールを引き出す動きをしてほしい”と言われたけど、ぼくは真ん中で仕事がしたいと言いました」


 巻にとって初めてとなる欧州組との実戦練習。少しでも早く自分のプレースタイルを理解してもらいたい気持ちがあった。ゲーム中はJリーグ戦と同様にゴール前に陣取って体を張り、起点になろうと試みた。中田英は自身の公式ホームページ『nakata.net』の携帯電話版で巻とのコンビネーション形成に意欲を示していた通り、巻に近寄り助言した。だが中田英→巻の一方通行ではなかった。約1分間の意見交換だったが、2人には有意義な時間となったようだ。


 「チームメートなので特別なことじゃないですよ。自分のやりたいことは主張しないと。その中で、いいアドバイスはしっかりと吸収してレベルアップしたいです」


 言い返したとか反論したとか、そんな低レベルの話ではない。レギュラー獲り、いやドイツで日本代表が好結果を残すためだ。中田英は以前「このチームはおとなしい」と話していただけに巻の自己主張を歓迎したはず。サプライズ男とキングのホットライン形成は日本の躍進につながる。



b0005238_13241671.jpg

詳細は・・・


8対8のミニゲームの1本目が終わった直後だった。巻の背後から近寄った中田が声を掛けた。1対1の話し合い。周囲の視線が一気に集まり、ピッチ上が張りつめた空気に包まれた。

 中田 「真ん中にいないで、サイドに流れてボールを引き出す動きをしてほしい」

 巻 「僕は真ん中で仕事がしたいんです」

 中田 「そうか。でも、スペースをつくる動きはやってくれ」


 身ぶり手ぶりで中田が説明すると、巻も同じような手ぶりで自分の考えを伝えた。時間にして46秒のやりとりだったが、その中身は濃密。中田は表情を変えずに巻のもとを離れた。

 意見のぶつけ合いの発端は、1本目のミニゲーム中にあった。ゴール正面でボールを待ちかまえていた巻に、中田は「マキーッ!」と大声を張り上げ、不満そうなしぐさを見せた。サイドに出てほしい中田と、中央にいたい巻。意思の疎通が図れていなかったからこそ、中田は巻との話し合いを持った。だが、話し合いの後も巻は自分の主張を貫くかのように、ミニゲームの2本目も主にゴール中央の位置でプレー。得点こそ奪えなかったが、ヘディングでパスを出すなど自分の持ち味を出していた。


[PR]
by pepo629 | 2006-05-22 15:17 | Side by HIDE