自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

世界遺産では・・・雨が降らないために・・・観光客激怒?

一体何時夏が来るのか?梅雨が明けるのは?で自然を語ったが,
yahoo ニュースによると

ブラジル南部で干ばつが続いたため、同国とアルゼンチン国境にある世界三大滝の一つ、イグアスの滝で、流れ落ちる水が年間平均の2割以下に激減、観光シーズンで世界から訪れた人々をがっかりさせている。
 ブラジル人観光客の1人は、地元紙に「初めて来たのに水がなくて岩しか見えない。残念」。旅行会社に対し、水量が少ないことを事前に知らされていなかったと抗議する観光客も多いという。

b0005238_11123833.jpg

 イグアスの滝は高いところで落差が100メートルを超え、滝全体の幅は4キロ。年間平均で毎秒約1500トンの水がごう音とともに流れ落ちる。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録され、昨年は100万人以上が訪れた。
 しかし今年は上流で少雨が続き、現在の流量はわずか250トンと1988年以来の少なさ。河川管理当局者によると、平均流量に戻るのは早くても8月末とみられる。

観光客たちの感想


困りました。自然を相手にしないといけないのは
分かるのですが,せっかくブラジルに行っても水の少ない滝を見るなんて
がっかりですよね。

今年だけではなく,二度と見れなくなる可能性もありますからねぇ。

雨が降らない一つの原因はカナダで読んだ英語の文章で
ブラジルのジャングルのど真ん中に「高速道路」を作るために木を切り倒したため,環境が激変したと言うことでした。

多分,それは大きな理由になると思います。

くれぐれも自然を大切にしましょうね。
[PR]
by pepo629 | 2006-07-27 11:08 | News