自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

万引き=窃盗罪

万引きの定義
店の閉まっている夜間に忍び入って商品を窃盗した場合、これは「空き巣」と呼ばれる。また、開店している時間帯に、堂々と武器等を持って押し入り、暴行や脅迫を行い商品を強奪した場合、「強盗」という別の犯罪概念となる。従って、「万引き」を構成するためには、

開店している時間帯に、客を装って来店し、店員の目を盗んで窃盗する
という条件が必要である。

pepo「なるほど。こういう意味づけなのか,初めて知った!!」






万引きと窃盗罪

万引きは、一般に「見つかっても商品相当額を支払えば許してもらえるだろう」と考え、安易に行われているようであるが、刑法 第235条の窃盗罪が成立するれっきとした犯罪行為である。また、同法 第243条の未遂罪が適用されるので、発覚した際に商品を返却しても犯罪として成立する。

以下に刑法の当該条文を引用する。

刑法 第36章 窃盗及び強盗の罪
(窃盗)

第235条
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する。
(未遂罪)

第243条
第235条から第236条まで及び第238条から第241条までの罪の未遂は、罰する。


未遂万引き
前者の未遂罪とは別に、一度万引きをして、のちのち戻す行為(一部では万置きと言われている)行為も勿論犯罪である。また、ポケットに一度いれて、発覚される前に戻す行為も店側とすれば、警察に通報される場合がある。それは、一度ポケットに入れられたり、店から持ち出した物はその人が所有したということで、商品価値が下がるからである。これが原因で前者の未遂も罪になる。(なおポケットに入れる行為も、商品を不当に占有したとして場合によって既遂とする考え方もある)


万引きの変遷

1970年代までは、純粋に経済的理由から万引き行為に走ることもあったが、それ以降は前述の通り、客を装って一点、若しくは数点の商品をかすめ取る行為が主流で、少年グループの度胸試しの一環として行われる事もあった。後に、おとりを仕立てて、商品の説明をうけたり、支払いをしている最中に犯行を行うなどの巧妙な手口が用られるようになった。

また、2002年頃から、書店でボストンバックなどに詰め込めるだけの商品を詰め込んで強行突破を図り、強奪した書籍を新古書店で売りさばくという大胆な万引き行為が頻発している。

さらに、最近では『万引き』という犯罪を利用して人を陥れるために店の商品を人のバッグに勝手に入れ、その人を万引き犯にしてしまうケースもある。なお、商品を勝手に人に入れた人はその隙に万引きをする人もいれば、単なる疑われた人を陥れるためだけの目的のため、自らは万引きはしない人もいる。無論、商品を人のバッグなどに勝手に入れる行為も犯罪である。

万引き対策

電波式の万引き感知ラベル食料品や雑貨などでは店員による目視、監視カメラの設置等が一般的である。しかし、店員の監視は人件費や通常の業務などを考えると、どうしても人を割けない事情もある。監視カメラにも死角があり、いずれも限界がある。

書籍、ソフトウェアなど高額商品の場合、磁性体やコイルを利用した商品タグや小型のブザーを商品に貼付もしくは装着し、店舗入り口に設置された検知器で検出すると言う方式が一般に採用されている。

また、衣類に関しては、洗浄の難しい染料系インクを加圧封入したガラス管を装着した特殊なタグを容易に切断できない高張力高分子ワイヤで商品に装着し、安易に取り外すと商品、犯人共にマーキングされるという方法で万引きを抑止している。

秋葉原電気街等の小型高価格製品を扱う店舗が多く、かつ、中古品の買い取りを行う店舗が存在する場合、荒稼ぎが可能となるため、そのような個所では厳重な警戒が行われ、初犯であっても即座に警察に引き渡すなどの厳しい措置が取られている。

デジタル万引き
2003年から、日本雑誌協会と電気通信事業者協会 (TCA) は、カメラ付き携帯電話(携帯電話)や小型デジタルカメラを使用して、書店で書籍・雑誌の内容を写す行為をデジタル万引きと表現してこれを行わないように啓蒙している。情報に対して対価を支払わず内容のみを奪う行為を「万引き」と表し、通常の万引きに準ずるものと印象づけて阻止しようとした物である。

デジタル万引きは現行法上犯罪ではない。しかし、書店内は私有地であり、私有地内での行動に制約を課すことは、例えその行動が合法であっても、制約する方法が犯罪行為でないかぎり自由にできる。個々の書店は自店内での私語でも立ち読みでもデジタル万引きでも禁止したい行為を任意に禁止できる。極端な例を挙げれば、半袖着用の客の入場を禁止することも可能である。

万引きに関連した事件
2003年1月に、古書店で万引きをして補導された少年が補導員のもとから逃走し、遮断機の降りた踏切を越えようとして走ってきた電車に跳ねられ死亡するという事故が起きた。

この事故がテレビ等で取り上げられた際、少年の父親の「書店が悪い」と言う趣旨の発言や、一般人のインタビューでの「子供相手の商売してるなら万引きはよくある。(書店は)配慮してくれないと」などの書店側の対応を非難する意見が放送され、これをきっかけに書店に対し全国から抗議の電話が殺到し閉店に追い込まれる騒ぎとなった。本来被害者である書店が糾弾されるという事態になったため、当初の報道内容や中立性について問題視する声もあった。

その後、少年の万引きが数回目であったことや、少年は名前などを言わず書店側では手に負えなかったこと、警察への通報が妥当な対応であったこと、死亡した時は既に少年の身柄が警察に引き渡されていたこと、少年が勝手に逃げ出し、勝手に踏切に飛び込んだこと、加えてどう考えても倫理的に少年やその父親及び抗議者に非があることから、書店を擁護する世論が高まった。書店には全国から、抗議のそれを遥かに上回る『書店側は間違っていない』『通報は正しい判断』等の応援の電話があったという。

これを受けて書店側は営業を再開したが、この事件が打撃となり結局閉店している。

上記の逆のケースとして、都市圏などでは、万引きをした犯人を追いかけている途中に、犯人がナイフで追跡した人を殺害するという、凶悪な事件もある。



書店の方が被害者なのに・・・
なんだか複雑だねぇ。(苦笑)
[PR]
by pepo629 | 2006-08-09 15:03 | Column