自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スペイン8日間の奇跡 6

スペイン8日間の奇跡 5

3日目マドリード最終日(一日フリータイム)


翌日も朝は暗くて冷たく昼は暑く夜は・・・8時半まで日がありました。(笑
昨日公衆電話(電話代は1ユーロ)したスペイン留学中の近所の女の子との約束が王立ソフィア美術館前(ピカソのゲルニカが有名)  

に9時だったので,その時間に間に合うようにご飯を食べ,ホテルを出ました。

昨日の足の疲れは大丈夫でした。(笑

8時45分,目的地へ。

そしたら見たことのある女の子が(日焼けしてたけど)走ってきた!

私は期待はずれっぽく「現地の友達とか紹介してくれるんだと思ってた~」と言いながら
元気そうな彼女とハグ。

王立ソフィア美術館は日曜日が無料になります。(プラド・ソフィアだけかも??)
なので既に長蛇の列。

ゲルニカを見るために一杯集まって居るんですね!(驚)

15分間9時まで美術館が開館するまで待ち,入り口で荷物検査を受け(スペインは全てこういう形),荷物を預けるためコインロッカー(後でお金は返金)を使い,
チケット(無料だけど,これがないと二階にあるゲルニカが見れない。)
をもらい,みんなが二階に行くのを何の疑問を持たずに(その時は何処に何があるのか知らなかった)1階から見て回ろうとしたが・・・しかし,建築学科で勉強している学生たちの作品集?みたいなものが並んでいて全く理解できなかった(汗)

結局一階にある絵を見ずに二階に上がり,ピカソのゲルニカを鑑賞することを決定。
実際には二階に上がるためのエレベータがもの凄く混んでいて少し待ちました。
人,多すぎ。(苦笑)


美術の教科書に当たり前のようにある絵は,実はこんなに大きいんです!って実感しました。大塚国際美術館 阿波の国に行きました~    でも陶板の絵を見たんですけど,本物は違うよ。





で,ゲルニカってなんぞや?と言う方に。ウィキペディアで見てみます。
【スペイン内戦のさなか、1937年4月26日、スペインのバスク地方の小都市ゲルニカが、フランコ将軍を支援するナチスによって空爆を受けた。 史上初めての都市無差別空爆と言われている。 滞在中のパリでこの報を聞いたピカソは、かねて人民戦線政府より依頼されていた同年のパリ万国博覧会スペイン館の壁画として、急遽ゲルニカを主題にこの作品に取り組み、7月4日には完成させる。
スペイン内戦はフランコ将軍の勝利により終結。 この絵はロンドンなどを巡回したのちに ヨーロッパの戦火を避け、1939年米国に渡り、ニューヨーク近代美術館に預けられる。 第二次世界大戦後もフランコ将軍の政権下にあったスペイン政府はこの絵の返還を求めるが、スペインに自由が戻るまでこの絵を戻すことはないと、ピカソは拒否した。 ピカソは1973年この世を去る。 フランコ将軍も1975年に没し、政体の代わったスペインとニューヨーク近代美術館との間に、この絵の返還交渉がふたたび始まる。 1981年になってようやくスペインに返還され、現在マドリッドのソフィア王妃芸術センターに展示されている。
ピカソは大戦後これと同じ図柄のタピストリーを3つ制作しており、そのひとつはニューヨークにある国際連合本部の国連安全保障理事会議場前に展示されている。
『ゲルニカ』は、その誕生からその遍路の間も反戦のシンボルであり続けてきた。】
b0005238_14423828.jpg

人だかりがとても凄かったです。


b0005238_21245426.jpg
その後いくつか絵を見た後,おみやげ屋さんで買い物。
美術館を堪能した私達。時計を見るともう十一時半を過ぎている。
さあ,お腹が空いたぞ,何処に行く?ということでガイドブックに載っている
レストランへ。その情報によると十三時からがセットメニューとなるらしい。

時間があるし,とりあえずゆっくり地下鉄で行きますか~ってことで地下鉄へ。

なんとか目的のレストランに着き,さっそくランチメニューを選択する。
ここで悲劇が!っていうか,頼んだメニューじゃないのが来てしまった~!(怒)
b0005238_2124849.jpg

私達三人が三様三つの違うメニュー(デザートだけ別)を選んだのに運んできたオヤジは
スペイン語学留学中の近所の女の子の言葉に肉を注文すると言ったじゃないか!と厳しい目つきで睨んできた。
明らかにオヤジの聞き違いだったが,仕方なく彼氏と一緒の大きなステーキを食べることに。(本当は私は魚を注文)

ウエイター,オヤジの目つきは苦手な印象を受けたが,レストラン内の雰囲気はとても良く・・・(ピアノがあった。夜はきっとコンサートがあるのかもしれない)気に入った。

おいしいリンゴパイを食べれたし。


b0005238_22574353.jpg

(こんなフォークでご飯を食べたい)

b0005238_22575852.jpg

(王宮内)
[PR]
by pepo629 | 2006-09-11 15:23 | Trip to World