自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スペイン8日間の奇跡 10

スペイン8日間の奇跡 9に引き続き,マドリードを離れてバルセロナへ向けて電車に乗っているpepoです。

もったいぶっているわけではなく,自宅でパソコンに向かう時間がないので・・(言い訳には変わらないか・・・)

特急と言ってもイタリア(ミラノからフランス方面へ)で乗ったTGVとは違い新幹線のように飛ばす事はなく,いくつかの駅に停車。

時刻表通りにはきっと動いていないんだろうな(結果的にバルセロナに着いた時間がかなり遅れていたため)と思いつつ,車窓を楽しんでいた。


しかし!又トラブルである。(笑)

停車した駅から母と娘(子供)が乗ってきて私達の席に指を向けている。
「○▲□○?!?X$&”$!!!!」
つばが飛んでくるかと思うくらいである。
娘にも同意を求めて子供も頷いている。


彼らのスペイン語は理解できるはずもなく,ただ助けを待っていると,マドリードの駅(始発)で違う席に乗っていた老夫婦の時に助けてくれた斜め後ろのおばさんがまたも神の口添え。

(よ,よかったぁ)


b0005238_11105853.jpg

(バルセロナって言ったらやっぱりこれでしょう!サグラダ・ファミリアの地下博物館にて)



12時半。
土産話になると思うし,ということでバーのある車両へ。
食堂車ではなく,単純なバーだった。

単純な気持ちで行くのは良いが,スペイン語で読めないし,相手も理解できない。(汗)

とりあえずは「TE」(紅茶)と「カフェ」(コーヒー)
と言う。

揺れる車内でお湯が口に当たるたび,やけどするのが怖かったぁ。。。

無事席に戻った後は2時間半耐えるのみ。(??)

相変わらず移動中は眠れない。

いつからだろう。

彼氏はぐっすり眠ってる。

私は車窓を眺めているだけ。

ちょっと寝たかもしれないけど殆ど起きていたなぁ。


b0005238_11111277.jpg

(バルセロナに来て一番最初に訪れたのはモンジュイック山)

バルセロナ15時過到着。予定より20分遅れ。

一気に乗客が熱気を帯びて出口に集る。


荷物が多かったため,エスカレーターに乗る。

みんなもの凄い荷物である。
何が入っているんだろう?と怪しくなるくらいだ。

人は旅に出る。
人は家に戻る。
人は駅から何かを始める。

ヨーロッパに来たら是非駅に行って目的地の決まらない気ままな旅もしてみたい。


(実際にはスペインの場合イタリアと違って国鉄はあるものの電車の数は少ない。本当に乗りたい場合は予約を早めに,そしてその予約が間違っていないかよ~っく確認するべし)
←両親は個人旅行でマドリードから南に行く電車の予約の時,2回も間違われ,乗る直前になってこの電車には乗れないと言われたため,「チケット売り場のミスだ,だって,行き先と時間を書いた紙を見せたのに間違えたのだから!」と孟反発し,指定通りの電車に乗ったという経歴を持っている。)



追記:電車の中では右斜め前に子供4人をつれた若いお母さんが向かい合わせに遊んでいた。
声を大きく張り上げたらちゃんと怒っていた。でもマナーは良い。

期待していた車窓はあまり良くない。(`´)

以外に乾燥地帯が広がって木々は無い。

そういう意味では日本の木の多さ、木の種類の数が多いことに改めて感謝である。
(カナダでもアメリカでも、他のヨーロッパの国に訪れても必ず思うこと)
[PR]
by pepo629 | 2006-10-06 16:41 | Trip to World