自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スペイン8日間の奇蹟 13

スペイン8日間の奇蹟 12で両替もできず、財布にお金がないまま(日本円で2万円はあったが、旅行中は買い物やご飯で余分に持っていた方が精神的にも落ち着くのに)とにかく地下道を通り、地下鉄改札口に急いだ。

バルセロナ午前中だけ観光が付いているとあって待ち合わせ時間は9時45分。

時計を見ると8時半過ぎ。
変な汗をかいた後はよけいにピリピリするが、地下鉄でのスリなどの被害は無し。

旧市街内のバルセロナの市庁舎前を通り、ゆっくり散歩をしながら待ち合わせ場所のおみやげやさん前に。日本人が一杯いる。
あそこかな。
見当をつけて聞いてみると現地の日本語がうまいスペイン人ガイドが名前を確認していた。
彼氏の名字を告げると「オッケー、大丈夫。」

すぐバスに乗り込んだ。15人弱といったところか。

昨日彼氏と行ったモンジュイック山も行程に入っていた。
(山頂の城までは行かなかったが。)

昨日来ていて良かったねと彼氏とバスに戻りながら言う。


b0005238_2292150.jpg


その後一行はカサ・ミラ等のガウディ建築物のある通りを通って
住宅街の中をくぐり観光客であふれかえっている「グエル公園」へ。


b0005238_22102040.jpg

(男性の背中はガイドさん)

b0005238_22104923.jpg



b0005238_221126.jpg





私がこのスペイン旅行で一番行きたい場所はこの「グエル公園」だったのだが、
人が多すぎることで全く印象が違って見えた。(悲)



ガイドさんに必死に偽警官の話をした。
彼は他の人にも言い聞かせるようにかつて彼がガイドした女性二人の旅行者たちが出会った
悲しいスリ事件を教えてくれた。

二人のうち一人がホームレスを装った老婦人に財布をすられたというのだ。
「泣いていて僕も悲しかったよ」とうまい日本語で言っていたが、
ますます私たちが朝経験したあの事件で被害に遭わずに幸せに旅行を続けられていることに感謝する以外なかった。

数日前トルコでHISの旅行者がスピードを出しすぎた運転のために
バスが横転し、一人が死亡したというニュースも記憶に新しいが、
旅行先でのこういった犯罪・事故の話は海外旅行大好きな私には、
そして今の日本人感覚から言っても他人事ではない。
(実際8年前かトルコには旅行で行っていて私自身も危うく交通事故に遭いそうになった経験あり。)

Turkey
Turkey 2 
Turkey3
[PR]
by pepo629 | 2006-10-22 21:58 | Trip to World