自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いじめ自殺 関連 リンク集

命を絶つという選択。生き延びる勇気。

自殺と自殺予防の心理


自殺死亡統計の推移


国際的にみた自殺の統計

自殺率はその他の死因別死亡率と同じように人口10万人当たりの死亡者数で比較されることになっている。

 日本は欧米先進国と比較すると確かに世界1の自殺率となっている。さらに範囲を広げた国際比較では、図のように、日本は、リトアニア、ロシア、ウクライナ、ハンガリーなどに次ぐ世界第10位の自殺率の高さとなっている。このように国内の混乱が続く体制移行国に次いで高い自殺率ということから日本の自殺率はやはり異常な値であるといわざるを得ない。


日本の自殺率の高さについては、WHO精神保健部ホセ・ベルトロテ博士はこう言っている。「日本では、自殺が文化の一部になっているように見える。直接の原因は過労や失業、倒産、いじめなどだが、自殺によって自身の名誉を守る、責任を取る、といった倫理規範として自殺がとらえられている。これは他のアジア諸国やキューバでもみられる傾向だ。」こうした点は当の国の人間では気づきにくい見方かと思われる。



文部科学省

  文部科学省へご意見は・・・voice@mext.go.jp 



自殺対策支援センター

動物だって自殺する?


(IZA:産経新聞)


子供同士なのだから、ささいな仲間はずれや悪口はつきものだと考え、早い時点で教師が介入して解決していくことのほうが、様々な意味で心理発達につながるし、被害者のほうも精神的に成長できるという考え方だ。
 私はそのほうが現実的だし、大人世界に入った際に、仲間はずれや悪口を禁止する方法がないのだから、子供の将来の心理的危険の回避のために肝要だと考える。
 だとすると、学校評価もいじめがあるかないかより、いじめを解決できたかどうかのほうに重点を置くべきだろう。(HP抜粋)
(わだ ひでき=精神科医、国際医療福祉大学教授)

[PR]
by pepo629 | 2006-11-15 16:29 | Column