自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Trip to World ( 67 )

スペイン8日間の奇跡 11

スペイン8日間の奇跡 10

やっとバルセロナに到達。(笑)←いったい何ヶ月掛かっているんだ。

b0005238_1146236.jpg

(ホテル室内)

サント駅前にあるホテルへ荷物を運ぶ。
貴重品を部屋のセーフティボックスにしまい、お昼ご飯を食べに再度駅にあるカフェテラスへ。

以前この一連の記事内でスペインに行ったらバールでしょ!といわれていましたが、
この駅構内のカフェテラスにはいろいろな人がいろいろな荷物を持ってやってきており、
様々なメニューを楽しめるのでお勧めです。
結局ここに3回行きました(笑)

その後バルセロナ観光として地下鉄10回券を購入し、モンジュイック城へ。

b0005238_11464734.jpg

(バルセロナオリンピック会場もここから近い)

b0005238_1214157.jpg

帰りは彼の希望で山上からモノレール。
一人9ユーロ。12人しか乗れないので20分くらい待つ。

スペインを歩いて気が付いたこと。4時くらいから5時くらいが日差しが暑くて歩くのにはつらい。
二人して熱射病になりかけながら20分間歩く。
ご飯を食べたかったが、海沿いは値段が高く、日差しが強いために中で食べたいと思うが、中ではたばこを吸っている人がいるためあきらめる。

とにもかくにもメトロまで歩き、サント駅まで戻る。
そしてご飯は昼と同じカフェテリア。(ちなみに駅には他にカフェがあったが、そこのおばさんは
私が指を指して欲しがってるというのに、英語はできないからつきあってられないわってかんじで無視されたので、3回目は翌日のお昼に行くという結果になったのだ)

ふたりで24ユーロの晩ご飯。
おなか一杯になってホテルに戻った。(笑)
[PR]
by pepo629 | 2006-10-07 11:50 | Trip to World
スペイン8日間の奇跡 9に引き続き,マドリードを離れてバルセロナへ向けて電車に乗っているpepoです。

もったいぶっているわけではなく,自宅でパソコンに向かう時間がないので・・(言い訳には変わらないか・・・)

特急と言ってもイタリア(ミラノからフランス方面へ)で乗ったTGVとは違い新幹線のように飛ばす事はなく,いくつかの駅に停車。

時刻表通りにはきっと動いていないんだろうな(結果的にバルセロナに着いた時間がかなり遅れていたため)と思いつつ,車窓を楽しんでいた。


しかし!又トラブルである。(笑)

停車した駅から母と娘(子供)が乗ってきて私達の席に指を向けている。
「○▲□○?!?X$&”$!!!!」
つばが飛んでくるかと思うくらいである。
娘にも同意を求めて子供も頷いている。


彼らのスペイン語は理解できるはずもなく,ただ助けを待っていると,マドリードの駅(始発)で違う席に乗っていた老夫婦の時に助けてくれた斜め後ろのおばさんがまたも神の口添え。

(よ,よかったぁ)


b0005238_11105853.jpg

(バルセロナって言ったらやっぱりこれでしょう!サグラダ・ファミリアの地下博物館にて)

More
[PR]
by pepo629 | 2006-10-06 16:41 | Trip to World

スペイン8日間の奇跡 9

スペイン8日間の奇跡 8に引き続いて・・・

旅程は4日目。マドリードさようなら、バルセロナへ旅立つ日です♪

朝10時の電車に乗るために9時にホテルをチェックアウト。
歩いて目の前のアトーチャ駅に到着。

b0005238_21432549.jpg


(アトーチャ駅。例の3/11に起きた爆弾テロ(300人死亡)した電車の終着駅。
まるで植物園のように熱気を帯びておりました。)


チケットは持っていましたが、日本のように誰もがプラットフォームに降りれるわけではなく、
20分前に赤外線での荷物検査を終えた後、念入りにチケットを切っていくという2段階で
テロ以来なのかそれともテロ以前から警備体制があったのか分からないが、ともかく・・・。
目的の電車が停まる3番乗り場へ。Renfeと書かれた列車。
写真を撮りたかったけど、そういう余裕はなし(苦笑)。

始発のはずのこの列車。
指定席の場所へ行けば座れるはずなのになぜか先客が!(苦笑)

おばあちゃんとおじいちゃん。

英語は通じず、通路を挟んだ向かい側のおばさんが助けてくれた。(ほっ)

座席番号ではなく号車番号が間違っていた老夫婦だった。

4時間の列車の旅。

放送もなくいきなり動き出した。

b0005238_21433357.jpg

(車窓)




b0005238_21434092.jpg

(バルセロナモンジュイック山から見た地中海)


b0005238_21494159.jpg

(同じくモンジュイック山から見たバルセロナ市内を見下ろす図)
[PR]
by pepo629 | 2006-09-26 21:59 | Trip to World

スペイン8日間の奇跡 8

スペイン8日間の奇跡 7

マドリード最後の夜はやっぱりおいしいものを食べようと言うことになり,スペインで初の
パエリア。
しかもカニ入り。(彼氏選択)めっちゃ高かった気がする。

b0005238_2127652.jpg

地球の歩き方ガイドブックに掲載されているので,店の奥から日本語が。しかも8人くらいで豪勢に色々食べておりました。

ご飯を食べるときは幸せじゃなくちゃねぇ!
b0005238_21262631.jpg


パエリア,2名様以上です。と言うことで頼んだはいいけれど,めっちゃ量が多すぎる(汗)

それでも残さず食べました(笑)

午後8時過ぎ。お腹一杯のままホテルへ徒歩で戻る。
昨日の間違いから一夜。
道を間違えずにまっすぐ戻ることが出来ました。

8時半。
ホテルに到着。

お風呂に入り,パジャマを着て明日バルセロナへ旅立つための準備をして・・・
ベッドへ。

「おやすみ~」


b0005238_21284775.jpg

(写真はバルセロナのホテルで撮ったもの。サッカーチーム公認のドミノだ!)
こうして夜は更けてゆく。
[PR]
by pepo629 | 2006-09-22 10:48 | Trip to World
スペイン8日間の奇跡 6

に引き続き、旅はまだまだ真ん中です(爆)

(地下鉄の10回券に関してですが、彼氏の情報によるとバルセロナでは10回券を買ったけどマドリーでは一回一回乗るたびに買っていたよということでそこの文章は消しました)

その後友人と別れ、彼氏と二人で王宮へ。
b0005238_21424557.jpg

(食事はこんな風に)

b0005238_21425284.jpg

(外観)

フラッシュをたかなければここでも室内、外など写真は大丈夫。
空がきれいだったので、かなり印象が強く残ってます。


しかし、入れたものの、シエスタの時間にぶつかり、帰りにおみやげを買おうと思ったら
店が閉まってた(泣)(*д*)

この悲しみを癒すためにすでに引き替えてあるあの!有名ホテル、リッツでのアフタヌーンティを決行。(笑)

b0005238_21544730.jpg


ぶらぶら旧市街を歩きつつ、マヨール広場まで行った後、地下鉄に乗り、スペイン銀行前の駅で下車、南下して歩いてリッツホテルまで。

b0005238_21515271.jpg

(リッツのアフターヌーン中)

無事、心を癒した私たちはさらに心を癒すためにティッセン・ボルネミッサ美術館に。

モネなどの印象派の展示だけを見て一人4ユーロ。

偶然トイレに行ったときに見つけたのがかわいいポスト(壁にくっついていた四角いもの←このシリーズ一番最初を参照)


b0005238_9574636.jpg

(王宮前広場)
b0005238_9575617.jpg

(王宮内の庭)

こんなあんなでスペインマドリード市内を美術で巡った私たち。
無事にマドリーの最後の夜を過ごせるのか・・・

奇跡は起きるのか・・・・(笑)
[PR]
by pepo629 | 2006-09-13 21:56 | Trip to World
スペイン8日間の奇跡 5

3日目マドリード最終日(一日フリータイム)


翌日も朝は暗くて冷たく昼は暑く夜は・・・8時半まで日がありました。(笑
昨日公衆電話(電話代は1ユーロ)したスペイン留学中の近所の女の子との約束が王立ソフィア美術館前(ピカソのゲルニカが有名)  

に9時だったので,その時間に間に合うようにご飯を食べ,ホテルを出ました。

昨日の足の疲れは大丈夫でした。(笑

8時45分,目的地へ。

そしたら見たことのある女の子が(日焼けしてたけど)走ってきた!

私は期待はずれっぽく「現地の友達とか紹介してくれるんだと思ってた~」と言いながら
元気そうな彼女とハグ。

王立ソフィア美術館は日曜日が無料になります。(プラド・ソフィアだけかも??)
なので既に長蛇の列。

ゲルニカを見るために一杯集まって居るんですね!(驚)

15分間9時まで美術館が開館するまで待ち,入り口で荷物検査を受け(スペインは全てこういう形),荷物を預けるためコインロッカー(後でお金は返金)を使い,
チケット(無料だけど,これがないと二階にあるゲルニカが見れない。)
をもらい,みんなが二階に行くのを何の疑問を持たずに(その時は何処に何があるのか知らなかった)1階から見て回ろうとしたが・・・しかし,建築学科で勉強している学生たちの作品集?みたいなものが並んでいて全く理解できなかった(汗)

結局一階にある絵を見ずに二階に上がり,ピカソのゲルニカを鑑賞することを決定。
実際には二階に上がるためのエレベータがもの凄く混んでいて少し待ちました。
人,多すぎ。(苦笑)


美術の教科書に当たり前のようにある絵は,実はこんなに大きいんです!って実感しました。大塚国際美術館 阿波の国に行きました~    でも陶板の絵を見たんですけど,本物は違うよ。

More
[PR]
by pepo629 | 2006-09-11 15:23 | Trip to World
スペイン8日間の奇跡 4


さて,第五弾。
(この題名,映画「4日間の奇蹟」からのぱっちもん)←そんな説明はどうでも良いとして・・・

市内観光,プラド美術館,セゴビアと来て解散したのは午後7時。
グラン・ビアストリートの三越。
とりあえずトイレ休憩。スペインで日本風のサービスに出逢いたかったら是非三越マドリード店へ。
店内はお土産やとなっております。(値段表には日本語が)

高いブランドものには全く関心のない私達。
ガイドブックに載ってる中で一番近いレストランに行こうと言うことになり,地球の歩き方を見たところ海鮮料理とある。
そこに決まったものの,レストラン時間は8時から。
とりあえずぶらぶら歩いて店の人に英語で聞いてみる。店の前でバールか?レストランか?と聞かれレストランと答えると開いてるから二階へ行ってねと言われる。

後から思えばバールにすれば良かったと後悔。(結局バールへは今回の旅で一度も行かなかった(悲))
座って待っているとメニューを持ったおじさんが。
でも中身はほとんど読めない。
とりあえず3品頼む。サーモンとサラダ,もう一品はイベリコ豚の乾燥したのが入ったオムレツ。しかしせっかくの海鮮料理店なのに肝心の魚の味付けが塩辛い。(泣)

量が多く残しそうだったが,もったいないので全部頂く。

その後1時間レストランにいて,出たのは8時半。素敵なお兄様の笑顔で見送られる。

その後地下鉄に乗ろうと思ったら地下鉄連絡道が工事中で(そのことを気が付かず)そのまま地元の人しかいないスーパーマーケットへ。せっかくなのであちらこちらをグルグル。
チーズ,ハムに肉のかたまり。そして水のボトルが大きいこと!
日本では重たいものを買うときはだいたいカートを使うが,ここではカートはかご自体についてる。わかりにくいが,写真がないので口で説明すれば,スーパーのかご(底にルーラー付)に器具が取り付けられていてその器具を伸ばせばキャリーとなるわけ。


b0005238_14125097.jpg

これは便利だ。

なるほど。アイディアだねぇ。

b0005238_1413678.jpg

ただ,海外のスーパーでは絶対自分のマイバッグを持って行くべき。っていうのはビニールは安っぽくすぐ持ち手が破れるため。ここでは明日のためにペットボトルの水を買いました。初スーパー体験。(結構海外でのスーパーは変な観光地に行くよりもずっと生活感が見れて楽しい。)冷凍食品もピザばっかりでこんなん食べれるんかな。と思うくらい大きな肉のかたまりに目を丸くしたり。

(ちなみにイタリアのミラノ中央駅内のスーパーの場合,チーズの丸い固まりがどかんと置いてあったり,水の質が悪いためかボトルのサイズも半端じゃないし,買い物客は5つくらいカートに入れておりましたが,本当に彼らのお腹を見たらこれが全部脂肪になるんだよなと自分に言い聞かせていました。)


その後恐怖。ホテルに戻れないんじゃないかと思うくらい不安の中、中国系の人たちが経営する定員に聞いたり、地元の高校生くらいに聞いたりしてあやふやな英語とスペイン語で何とか
道を割り出し?(単に迷子になっただけ)ホテルに着いたのは10時でした。

ほっとするためにお風呂に入り、とにかく早くベットに入り、次の日の遊びに備えました。


b0005238_231711.jpg

(お城の内部にあった王様用のベッド)
[PR]
by pepo629 | 2006-09-06 14:11 | Trip to World

スペイン8日間の奇跡 4

スペイン8日間の奇跡 3

スペイン旅行記が止まったままじゃないか!と言うファンの方々(?)申し訳ございません。言い訳はしませんが,ちょっと色々ありました。父が高熱で救急に行ったという昨晩。まぁ無事に本人の声を聞くことができ,安心はしましたが。
b0005238_22545562.jpg

(マヨール広場の像)

で,基。 話を戻しましょう。
 プラド美術館を見た後,2時20分(セゴビア行きの集合時間)まで時間があったので,すぐ近くの公園を歩き,1時間思い思いの散策をしたあと,マドリードの地下鉄に乗って(乗り換えもしながら)待ち合わせ場所へ。
(帰国後,電車のつり革について考えてみた
日本はつり革が普通にあるが,スペインにしても留学先のカナダにしても(スカイトレイン)つり革よりも握り棒が一般的だと気が付いた。)


b0005238_11461672.jpg

(TDK公式ページから引用)

で,肝心のセゴビアだが,市内から1時間半。セゴビアってなんぞやという方へ。
{豆知識(笑)ローマ時代の水道橋があることで有名な町です。町の中心にはあの!ディズニーランドで白雪姫のお城としてモデルになったお城があります。}
b0005238_2324691.jpg

(私はファンタジスタなので?ウサギに変身して前述したお城を紹介中)


両親が数年前にセゴビアがお勧めだよと言ったので,オプショナルツアーを頼んだんですが,ガイドさん,足が速くて説明をしたらさっさとその場を去るという悲しい結果でした。
やっぱり苦労してでも自力で行く方が記憶に残るということに改めて気が付かされました。

でも写真を撮ってみるとやっぱり綺麗な場所です。
お勧めですよ~。
b0005238_11462974.jpg
b0005238_11463929.jpg


b0005238_233721.jpg

(イメージはこんな感じです)
[PR]
by pepo629 | 2006-09-05 09:52 | Trip to World

スペイン8日間の奇跡 3

スペイン8日間の奇跡 2 から続く第三段。
スペイン時間8月19日朝。
6時起床。真夜中何度か目が覚めていたが、結局寝れた。(笑)
7時の朝食に間に合うよう準備。
マドリードのホテルでは トイレの正面にビデがあった 。 ご飯後一人想像の世界に浸った。(爆)

ホテルの朝食はものすごい種類の甘いケーキとパンとフルーツだったのだが、どういうわけだか室外だった。いやガーデンテラスといった方が格好良いかもしれない。
でも実際日が昇るのは8時過ぎ。朝晩は冷えるのでとても冷たかった。(苦笑)

早速フルーツを取りに行こうとしたら、第1皿目でいきなり蜂が洋なしの缶詰の汁に漬かっていた!(正確に言うと甘さに惹かれて飛んできて、蜜をすって帰れなくなり、そのまま生涯を終えている)ので、そのお皿をパス。
その他はヨーグルト、タルト(4種類くらい)、パンに紅茶・・・。
たくさん食べて一杯遊ぶぞ~!


二日目(9/19)の日程はマドリードの市内観光とセゴビア観光(OP)

市内観光の待ち合わせ先へは昨晩ガイドさんに言われたとおりタクシーで。
集合したのは10人弱でしたが、客は集まってもバスがこない。9時10分に出発。いきなりスペイン時間なのかと思ったが、気にならない。10分ならまだ許せる範囲。(カナダで修行済み)
b0005238_23215172.jpg


車窓で翌日行くことになる王宮、スペイン広場等を見て(スペイン広場ってローマだけじゃなくて本当にスペインにあるのね!(驚))最後にプラド美術館へ。(そのご自由解散)

スペインでは現在ピカソ展をあちらこちらの美術館で行っており、偶然にも特別展のチケットも手配済みでたっぷり美術に触れました。

b0005238_2317525.jpg


(着衣のマヤ) ←裸のマヤはピカソ特別展へ出展中でいつもの場所にはなかった。写真も撮れなかった(残念)


b0005238_23213815.jpg


(門外不出の「官女たち」)


b0005238_2322116.gif

(プラド美術館を出たところで)←後ろはプラド美術館ではない(汗) 
答え: 5つ☆ホテル リッツホテルだぁ!
[PR]
by pepo629 | 2006-09-01 22:49 | Trip to World

トマティーナ

スペイン地中海沿岸の都市バレンシア近郊の小さな町ブニョールで、毎年恒例の「トマト祭り」が行われた。約1時間にわたり大量のトマトの投げ合いが続いた町は真っ赤に染まり、トマトまみれの人で埋め尽くされた。
 「トマティーナ」と呼ばれるこの祭りの起源は諸説あるが、1940年頃に喧嘩となった若者のグループがたまたま近くの八百屋からトマトを取って投げつけたのが始まりというのが一般的となっている。
 この祭りは、宗教行事など伝統を重んじるものではないため、外部からの参加者も多数いる。スペイン観光局では「トマトは投げる前に適度につぶす」「汚れた着替えなどはビニール袋に入れて持ち帰る」など、参加者に対して注意を促している.


b0005238_15224646.jpg

[PR]
by pepo629 | 2006-08-31 15:22 | Trip to World