自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Trip to World ( 67 )



(マドリード・アトーチャ駅近くの押しボタン式信号)
b0005238_13174538.jpg


信号の文字を訳してみた。
めっちゃ面白かった。
 上から。 HOPE GREEN!
 下は・・・歩行者,押せ!(脅しではありません)
[PR]
by pepo629 | 2006-08-31 12:04 | Trip to World
スペイン8日間の奇跡

日本を出たのは18日の9時55分。それから11時間後にドイツのフランクフルト着。
そしたらもう(約)21時ってことよね。
なのに世の中には時差って言うのがあるので,時間を戻すのよ~。って頭で考えながら15時に到着。 スペインじゃないのよ~。乗り換えなくっちゃね!と言いながら,(ヨーロッパへ入国するため)審査。パスポートにフランクフルトと日付の判子を押され,荷物検査とボディ・チェック。その時何故か ぴーーーーーーっ て鳴ってしまって大滝汗。
厳しい顔つきのおばちゃんが私の顔をチェック。
隣では3人ほどが別室に連れて行かれてる・・・汗,汗,汗。。。(^^;)

どぉーすんの?わたし?状態。でも何とか無事クリア。良かったよ。強制送還じゃなくて。

とりあえず,滝汗をかきながらも乗り継ぎの飛行機を待つ。1時間半後の4時半に出発するので,とりあえず空港内の店を見るが,10分足らずで飽きる。
温かい飲み物が飲みたいので,とカフェバーに行き,カフェラッテを注文。
しかし,表示がやはりドイツ語。英語は通じたものの出てきたものがイメージと違った・・・(たらーり)

暇だね,と言いながら多くの乗客と搭乗口で飛行機を待つ。休暇中なのか大勢の若者も見ることが出来た。
4時半10分前,搭乗が始まる。

さっきより数倍小さな飛行機。乗務員はドイツ語は当然,スペイン語,英語・・・他の言語も出来るんだろうか。試したいが,そんな語学力はない(笑)

すぐに飲み物サービス,またビール。
その後サンドイッチと紅茶。
チーズとハムのサンドイッチだったが,私はどうもチーズは食べられなかった。

私達は(ファーストクラスと区切るための)カーテンからすぐ後ろのエコノミー席,2列目。1列目は赤ちゃんと若いお母さん。赤ちゃん大声で泣かずに偉いと思う。
大人になってもまだ落ち着かない私に比べれば。(苦笑)

2時間でスペインマドリードに到着。
荷物が30分以上かかって出てきた。
スペインは真っ暗。冷たい雨が降っていた。
ガイドさんによると最近異常気象で寒いらしい。矛先不安。
でも実際には到着時と帰国時以外は雨は降らず。
まぁ,とにかくスペインに着いたわ~

b0005238_22323884.jpg

(迎えの車から撮った記念すべき1枚。きれいな夕焼け。着いたときは雨だったのに移動(20分以上)している間に天気回復。明日は晴れるぞ!右側の白いのは車です。)

b0005238_2254293.jpg


(バルセロナのカンプ・ノウスタジアム前に展示してあった昔選手が使っていたバス)

(今回は行きの機内から時間を動かしていました。理由は時差ボケ防止と言うより,機内がフランクフルト時間でサービスが行われるため)
[PR]
by pepo629 | 2006-08-30 16:14 | Trip to World

スペイン8日間の奇跡

1日目は8月18日。

関西空港発9時55分発フランクフルト行きに乗るため、5時15分に起床。
6時のバスに乗り、6時15分の電車。8時ちょうどに関空へ到着。

そこからが10日に起きたテロ未遂のために警備強化による税関の検査を待つ人の列!!!!列,列!
待たされる、待たされる・・・。

まずHISで航空券を貰い,税関の荷物検査。それに15分。
その後ルフトハンザ航空の窓口へ。30人以上待っている!!!!(汗)
結局チェックインできたのは9時近く。
しかし,その後またも荷物検査。(機内持ち込み用手荷物検査)これに10分。
もちろん出国審査。それにも10分。

無事飛行機にたどり着けるのか???
[PR]
by pepo629 | 2006-08-29 14:11 | Trip to World
憧れの「ハイジ」の白パン&チーズを食べてきたよ
b0005238_9531083.jpg



かつてハイジの世界に憧れた。

あの山の上でチーズとパンを食べたかった。


あの山小屋の横にあるブランコに乗って毎日過ごしていけると思ったし,

ハイジのエンドロールの背景にある雲の上に乗るハイジにも憧れ,
実際雲の上に乗れると信じ切っていた。

アニメ・ハイジ
少女の時は乙女チックだったのね(笑)なんて思い出に浸るのは良いが,

このチーズとパンが食べられる?


b0005238_1627923.jpg

そんな!

嬉しすぎるが,チーズケーキ博覧会に行くのもいいが,

私はスイスに行きたいぞ♪(そんな¥余裕¥はありませんが・・・・)


映画でも見ますか・・・
[PR]
by pepo629 | 2006-08-02 09:59 | Trip to World
Excite エキサイト : 社会ニュースによると
お遍路さんの格好が出来るらしい。

ヒデ様♪
一緒に旅立たない???!!


(っていうか,実際は彼氏と彼の友達を訪ねるために徳島へ行くことは決定しています。)
[PR]
by pepo629 | 2006-08-01 08:54 | Trip to World
ホテル料金は体重で決まる?!

 ドイツに体重によって宿泊料金が決まるホテルがあるが、「太った人々に対する差別だ」との声があることについて、ホテルの経営者が決してそのようなことはないと弁明した。

ホテルのオーナー、ヨーガン・ヘックロット氏によると、体重1kgにつき約70円で宿泊料金を決定しており、体重計に乗ることを拒否した場合でも上限をダブルルームで一泊74ユーロ(約1万500円)、シングルルームは一泊39ユーロ(約5500円)と決めているため、それ以上を請求することはないとしている。

ヘックロット氏は地元新聞に対し、「絶対に差別ではありません。まず、料金の上限が決まっているのです。それに私はお客様に体重計に乗ることを強要しておりません。しかしながら、拒否するお客様は今までに1人もいませんでした」と語っている。

中には宿泊料金を少しでも安くしようと、服を脱いで体重計に乗る人もいるそうだ。しかし、ニュースでホテルのことを知った人たちから、「差別だ」との抗議文が寄せられたという。

「服を脱ぎ、下着姿で体重計に乗った男性のお客様がいました。女性はそこまでしませんが……」と、ヘックロット氏。

毎年やって来る女性の常連客が年々太っていくのを危惧し、ヘックロット氏が冗談で「これ以上太ったら、さらに課金しますよ」と言ったところ、翌年、彼女は約35kgの減量に成功して現われ、宿泊料金を安くするよう要求されたことから思いついたアイデアだという。

彼女の要求を聞いたとき、ヘックロット氏は「確かに、ごもっともなことだと思った」と話している。

[PR]
by pepo629 | 2006-05-15 11:33 | Trip to World
父(60歳)宛に某有名旅行代理店からダイレクトメールが来ました。

そして綺麗な写真を見ながらどんな旅程かな~と興味津々見ました。


♪どうにかしてほしい♪って歌いたくなりました(苦笑)

60歳の父が参加するには無理です。
一日一日違う場所に泊まり、ほとんどの場合が移動に時間が取られるんですから。


驚いたのはスペイン。

大阪関西空港からヨーロッパ各都市乗り継ぎでマドリードに着くのが一日目。
マドリードに泊まるのかと思いきや、着いた直後にバスに乗って50キロって書いてある~!(驚)


若者でもこれは疲れるでしょう。

それでもって父の年齢に相応してビジネスクラスを設定してるところ。
そして
これを受け取った人がこれらの強行ツアーに参加するという驚き。

あ・・・有り得ない・・・。

私の中では有り得ない。

旅行に行きたくてもお金がなくて我慢してるpepoのたわごと。

♪どうにかしてほしい♪
[PR]
by pepo629 | 2006-04-11 16:52 | Trip to World

旅行の醍醐味は普段味わえない風景や雰囲気の中で一晩、二晩を過ごすことが出来ること。

食べ物を食べ、観光スポットを歩き、ガイドブックに載っていない小さな路地で
何か新しいものを発見する喜びを感じる。

なのに・・・

ドイツでは体重によって宿泊値段が変わるところがあるんだって!


以下17日のニュースより

ドイツ北部にあるホテルの1泊の宿泊料金は、その人の体重によって決定する。

オランダとの国境付近の町、ノルデンにあるホテルでは部屋に入る前に体重計に乗らなければならない。1kg につき、約70円を支払うことになるのだ。

この3つ星ホテルのオーナー、ヨーガン・ヘックロット氏は「ものすごく大柄なお客様がたくさんいらっしゃるので、そんな方々に私は常々、ダイエットしたほうがいいですよとお話ししておりました。1年後、同じお客様がいらっしゃると前回よりもスリムになっており、私に『で、あなたは何をしてくれるの?』などと聞いてくるのです」とコメント。

この料金プランが、ドイツ人によりスリムで健康になるきっかけとなってほしいとオーナーは話す。

「健康なお客様は長生きして、さらに私のホテルを訪れてくれます」

しかし大柄な人も安心してください。体重計に乗ることを拒否できるし、通常の1泊料金となっている39ユーロ(約5500円)以上を請求されることはありませんから。


[PR]
by pepo629 | 2006-03-23 10:17 | Trip to World
3月10日に京都駅のパスポートセンターに行った。3月20日から日本人のパスポートはICチップ入りになるらしい。

担当者(女性)「まだ(今年)6月28日まで有効だし、べつに今急がなくていいですよ。20日まで待てばICチップ入りになるし」

ペポ「でも仕事休んできましたので、今日やってもらえますか?」
担当者「そうですか。じゃあ10年ではなくて5年のパスポートにします?」

ペポ「どうしてですか?」

担当者「これからICチップ入りが世界中で主流になるので、もし今までのものだとビザが必要になる可能性もあるので」
脅し?に似たことばだ。(苦笑)


ペポ「別にいいです、それならそれで。」

(注) ICチップ入りになれば写真のサイズが変更、申請料の料金(1000円UP)

こうして・・・17日以降にパスポートを取りにきてくださいという葉書が二日後に到着した・・・・現在の状態である(笑)


これから10年間は、南米と中欧(チェコあたり)にいくよ~。
電車でヨーロッパ一周って言うのも良いねぇ。
[PR]
by pepo629 | 2006-03-16 15:12 | Trip to World

オーストラリアを始め南半球はクリスマスの時期が夏であることを念頭にこの記事を読んで下さいね(笑)

オーストラリアの消費者雑誌が、消費者にクリスマスシーズンに購入すべきではないプレゼントのリストを発表した。クリスマスプレゼントを買うときに考慮しても損はないかも。

雑誌「チョイス」が1万2000人を対象に行った調査によると、最悪のプレゼントは電動式アイスシェーバー(かき氷機)。

電動アイスシェーバーを持っているある消費者は「絶対に適切に作動しないし、いつもメチャクチャな結果に終わってしまいます。労力に見合ったかき氷ができるわけでもない」とコメント。

僅差で2位はアイスクリーム・メーカー、3位がフットスパ(脚温機)。

フットスパを所有する人はこう不平を言う。「もし疲労で、足がくたびれ果てたとき、絶対やりたくないのが、フットスパだね。フットスパを探し回り、タオルをしき、フットスパにお湯を入れ、こぼさないように気をつけるなんて。しかも10分もすれば冷めちまう。たった数分間気持ちよくなるために、とんでもない重労働だ」

そのほか40以上の「買うべからず」リストには……。電動式缶オープナー、車のバーティカルグリル、アロマテラピーの拡散器、脱毛グッズ(痛すぎる)、ホットローラー、髪をカールさせる棒、デリスライサー。

調査によると、最も有用なプレゼントに選ばれたのは、トースター、やかん、ハンドミキサーだった。


実用的で良いんです。
カナダでは毎月のようにプレゼントを交換する行事があったような気がする。
キリスト教行事もなかなか興味深いですよ~。
[PR]
by pepo629 | 2005-12-17 15:50 | Trip to World