自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:World Cup Germany( 56 )

マテラッティのその後

悪いことをしているという本人たちの反省はあるんでしょうか。
これを逆手にとって興行にするとは・・・・(汗)


ジダン 頭突き問題の終演

サッカー:マテラッツィCM出演 ジダン頭突き題材に
 サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝でジダン(フランス)に胸部を頭突きされたマテラッツィ(イタリア)が、世界中を驚かせたこの場面を題材にしたテレビコマーシャルに出演している。

 スポーツメーカー大手のナイキの広告。マテラッツィはまずサッカーボールを胸でトラップした後、ボウリングの球を手始めに、頭から突進してくるアメリカンフットボール選手、四輪駆動車などを胸で止めてしまう。平然としているが、最後はうんざりとした顔になる。そして「どの選手にも秘密兵器がある」という文句が画面に流れる。

 同選手は決勝での“事件”以来、イタリア国内で人気が急騰している。(共同)



マテとジダンが無人島で和解!?、平山・・・
[PR]
by pepo629 | 2006-09-20 16:01 | World Cup Germany
<頭突き事件>

ジダンが怒った理由は・・・

 【ローマ海保真人】7月のサッカーW杯ドイツ大会決勝で、フランスのジダン選手から頭突きを受けたイタリアのマテラッツィ選手が、5日の伊スポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルトに、頭突き直前の詳細な口論内容を初めて明らかにした。

 それによると、マテラッツィ選手がジダン選手のユニホームを引っ張ったところ、ジダン選手はさげすむように「そんなにおれのシャツが欲しければ、後でやるよ」と言った。これに対しマテラッツィ選手は「くれるならお前の姉妹の方がいい」と応え、ジダン選手が激怒したという。

 マテラッツィ選手は「自分が事を起こしたわけではない。私は彼の挑発に対し言葉で返しただけだ」と語った。また、「姉妹」を指した発言について「いいことではないと分かっているが、多くの選手が試合中もっと悪いことを言っている」と話した。ジダン選手に対し今も謝罪する気はないという。

 国際サッカー連盟(FIFA)は引退したジダン選手に社会奉仕活動と罰金、マテラッツィ選手に2試合の出場停止と罰金の処分を科している。

 イタリアとフランスは6日にパリで、08年欧州選手権の予選を戦う予定で、「W杯決勝の再現」と注目を集めているが、マテラッツィ選手は出場できない。



譲れない戦い いろいろ
[PR]
by pepo629 | 2006-09-06 10:20 | World Cup Germany
なんとか終わったようですね。

こういう風にはっきりしておかないと後から問題が大きくなるから,良かったんじゃないですか。

ジダンが言われた言葉の意味

Zidan レッドカードの真相は・・・・

サッカー:ジダン問題の処分下る、形式上は喧嘩両成敗だが…

ジダンに社会奉仕と罰金!マテも出場停止処分

国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会は20日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝でイタリア選手に頭突きをして退場処分となったフランスのジダン選手に、3試合の国際試合出場停止と罰金7500スイスフラン(約70万円)の処分を決めた。スイスのチューリヒで同日、事情聴取を受けた同選手はW杯決勝を最後に引退したため、出場停止処分については3日間の社会奉仕活動に変更した。W杯最優秀選手賞のはく奪はなかった。



最優秀選手賞の剥奪がなくて良かった♪
[PR]
by pepo629 | 2006-07-21 08:38 | World Cup Germany
Zidan レッドカードの真相は・・・・

南仏に住まれてる方のブログ


頭突きだけでは怒りが収まらないようなひどい言葉だったようです。
[PR]
by pepo629 | 2006-07-20 11:18 | World Cup Germany

余韻

しばらくアズーリの優勝に浸りたいと思いつつ
現実はユーベなどのチームがセリエB落ちが決定したことで
やっぱりか。と言う感じ。


カルチョが荒れに荒れた日


b0005238_9245575.jpg

それでも
ナンバーを買った。

ヒデ引退表明で特集本も買った。

7月15日の映像も見ることが出来た。
チェコに行っていたなんてちょっと嬉しい。

私も行こうとしていた国だから。


ヒデ様の歴史にも浸っているPepoであった・・。


b0005238_925127.jpg

[PR]
by pepo629 | 2006-07-18 09:25 | World Cup Germany
ここまで来たら・・・・ちょっとやりすぎ。(汗)

この歌はレッドカードじゃないんですかね(笑)

ジダン本人のコメントが聞きたい。(苦笑)

ジダンが怒った理由は・・・

真相は・・・

More
[PR]
by pepo629 | 2006-07-14 15:14 | World Cup Germany
どうなのよ~。(苦笑)
ジダンが怒った理由は・・・


b0005238_1533794.jpg



b0005238_14184082.jpg



b0005238_1535142.jpg


7/13テレビで会見
[PR]
by pepo629 | 2006-07-13 15:08 | World Cup Germany
b0005238_152971.jpg

[PR]
by pepo629 | 2006-07-13 14:59 | World Cup Germany


これをはっきりさせないと気持ち悪い。
素直に喜べない。

有終の美?
マテラッツィ選手が口論内容を初めて明らかに

 現役最終試合として迎えたW杯決勝の大舞台で、なぜあのような暴挙に出たのか。当事者のジダンが沈黙を守る一方で世界中でさまざまな憶測が流れている。


 ジダンがマテラッツィに頭突きした直前に、ジダンを怒らせる“何か”があったはずだ。11日付の英紙タイムズは読唇術の専門家の話として、マテラッツィがジダンのことをイタリア語で「テロ売春婦の息子」と呼んだ上で「くたばれ」と言ったと伝えた。ジダンはセリエA・ユベントスに所属したことがあり、イタリア語が分かる。


 また、11日付のドイツ紙ビルトは、イタリア戦が行われた9日の朝、息子の応援のためにドイツを訪れていたジダンの母マリカさんが、体調を崩してベルリン市内の病院に行っていたと報じた。


 アルジェリア系移民のジダンは、マルセイユの貧民街で父エスマイルさんと母マリカさんの苦労する姿を見て育った。14歳で親元を離れ、フランスリーグ・カンヌで17歳でプロデビューしたときの初給料約8万円をすべて両親に贈ったほど家族を大事にしている。イスラム教のジダンに対し、信仰と母親を冒涜するセリフが浴びせられたとすれば、体調不良を訴えた母への思いとあいまって怒りが爆発したとしても不思議ではない。

[PR]
by pepo629 | 2006-07-12 09:25 | World Cup Germany

世界ナンバーワンの感動




次の4年間のために。国内の不正疑惑を忘れる?為にも。

イタリアがアズーリが・・・

優勝して良かった。

ゲームとしては,オランダの予選第一試合が一番楽しかった。

総括はまた後に。(笑


 W杯決勝 最終日(1-1、PK5-3、9日=日本時間10日、ドイツ・ベルリン)イタリア代表が24年ぶり4度目の優勝を飾った。3戦3敗だったPK戦を制しての優勝は“ヒーロー不在”が呼んだものだった。10人12ゴールというW杯最多得点者タイを記録した“全員サッカー”こそ強さの源。不正疑惑、自殺未遂、離脱者続出…。苦難を乗り越えたアズーリ(空色=イタリア代表の愛称)の前に、立ちふさがるものはいなかった。

 国歌『イタリアの兄弟』がいつまでも鳴り止まなかった。ナチス統制下で行われたベルリン五輪で優勝してから70年。同じ舞台オリンピア・シュタディオンで、主将DFカンナバーロは5キロのW杯トロフィーを高々と夜空に掲げた。


 「チャンピオンズリーグもスクデット(リーグ優勝)も獲ったが、W杯での優勝がここまで感動するものとは…」。リッピ監督は普段ピッチでは禁止されている葉巻を吸うと、こみ上げる涙にトレードマークのメガネを外して顔を覆った。


 GK以外の全選手が出場。全12ゴールを実に10人(フランスは4人)で挙げた。82年スペイン大会のフランスと並ぶ最多得点者タイ記録。MFジダンに大会MVPが渡ったのも、それはチーム内で票が割れたから。“ヒーロー不在”が強さの源だった。


 開幕前、ユベントスによる審判操作疑惑が他クラブを巻き込む“カルチョ・スキャンダル”に発展。元代表DFペッソット氏の自殺未遂事件も起こった。守備の要DFネスタの負傷もあった。しかし、激しい下痢を「氷を尻に詰めて耐えた」というMFガットゥーゾは「問題がなければ優勝もなかった。フランスは5つ星ホテルで僕らは1つ星。でも、僕らは個性が溶け合う海を持っている」と得意の詩的な表現で結束を強調する。


 ローマ、ナポリなど地域への誇りに比べて国への愛が薄いとされるイタリア。国歌を歌わない選手も問題になった。MFトッティは「大声で歌ってまとまるなら簡単。この23人は国歌を心に刻んでいる」と振り返る。前回優勝の82年スペイン大会同様、リーグの不正疑惑で国民の心が離れようとしているときに再び選手は結束した。


 「カンピオーニ・デル・モンド!(世界チャンピオン)」。23選手がこう叫ぶと、応援に駆けつけた“82年戦士”バレージ氏、アントニョーニ氏ら死去したシレア氏を除く22人も続いた。長かった1カ月の死闘。24年のときを超え、アズーリはカルチョの誇りを世界に示した。


[PR]
by pepo629 | 2006-07-11 09:20 | World Cup Germany