自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Poem( 70 )

感謝

紅葉で美しい山と自然の中を歩いた後
東京に立ち寄った

人混みの中で
立ち止まれない何かに押し出されそうになった

ある電車の事故で以前の人の流れに戻れないんですと
訴える人の声を聞いたのを思い出したから

エスカレータ、階段、そして人、ひと、ヒト・・・人間

階段を下りてる僕の後ろから走って急いでやって来る人の波

上に掲げられてる看板を見て行き先を確認してる間なんてない

後ろから前から横から人はやってくる

お見舞いに行ったおじさんは今までよりも顔色が悪く

人生なんて分からない

健康ってなんて大事なんだろうと

こころから思った・・・


今自分の部屋で

「輝きながら」という曲を聴きながら

僕は考えてる


僕の人生は輝いてるんだろうかって・・・


決して過ぎゆく時間を惜しむべきじゃない

むしろ明るい未来を考えて

もう少し

笑っていたいと思う


健康であることに感謝したいと思う


 
[PR]
by pepo629 | 2005-11-25 22:28 | Poem

WIND BLOWS ME FROM YOU



Dear my best friends all over the world,
specially, Bruce who comes to see this site sometime....

"The LOVE-SEASON"
Autumn has come
Changing season one by one
Still my minds had left in the past
Still I could not run away from the past...........

However, at last you are here

You taught me everything

Step by step
but
certainly,
The time has come to turn my color
Forgetting the past is very heartful, but I can do it

The reason?

Wind blows me from you

This is our love-season!!

Sounds nice, isn't it?
[PR]
by pepo629 | 2005-10-26 22:03 | Poem
初めてキスをしたとき
前歯に当たって痛かった(笑

慌てすぎて
どうすればいいか分かんないから

ある友人がほっぺたにキッスをくれたとき
それは
効果音付きだった

上手に演出するもんだぁ
感心してしまう


初めてキスしたのは何時だったろう
貴方とキスできる日は何時になるだろう
[PR]
by pepo629 | 2005-10-08 22:39 | Poem
「キスしたいんだけど?」

キスってどうするかわかんない~!
(ぶりっこ?)


でも

改めて

そう聞かれたら

こまっちゃう~

やんわり断って


後から後から押し寄せる
幸福感に浸ってる
わたし

あら~

一体いつ「奥歯が凍るきっす」ができるのでしょうか?


参照:古都京からの便り「ケイスケさんワールド」
疑問が残るSASの歌詞~エロティカ・セブン~
[PR]
by pepo629 | 2005-10-05 15:29 | Poem

普段通りのキスなのに

いつも突然に

なんて素敵な恋をしてるんだろう
なんて羨ましい二人なんだろう

キスは愛情表現だもの

べたべたするのは嫌だけど
二人の気持ちを確認し合うのに
キスって良いよね!


喧嘩してお互いが不機嫌だったとき、
あえてキスをせがんでみた
自分は冷静を装ってもう怒ってないんだよって
相手に言いたくて

でも
言葉に出来なくて
キスをした


しばらくしたら
なんで喧嘩をしたのかさえ忘れた

朝まで話し込んで、
気が付いたらチュンチュンチュン
雀の鳴く声に目覚めた

窓を開けて
すがすがしい朝の空気を胸一杯に膨らませた

今日も新しい一日が始まろうとしてるよ
ねぇ、起きてよ!
まだベッドに横たわる貴方に
目覚まし時計代わりにキス

普段通りのキスなのに
貴方の乾いた唇に私は吸い込まれる

今日も素敵なカップルでいようね!
[PR]
by pepo629 | 2005-09-28 22:35 | Poem

人生に乾杯しよう

不安な時
どこにも誰にも何にも
頼るところがなくて


何気なく
ビルの屋上に上って、
(自分は世界中で一番不幸だ)
なんて思ってみたりする

沈みゆく夕日なんかは
自分の気持ちをさらに辛く冷たくする

More
[PR]
by pepo629 | 2005-09-24 23:06 | Poem

目的のない旅

行く先

貴方の行く先と
私の行こうとする場所が
同じであればいいのに


旅行じゃない
仕事の事じゃない
私たちが向かっている場所



きっと
なにか
起こりそうな気がする

期待と不安と
そして
過去からの脱出


心の傷はまだ癒えないままです

やっぱり思い出して
前に進めません

もう少しだけ待って下さい

もう少しすればきっと
一緒に旅に出ることが出来る

だから
少しだけ時間を下さい
[PR]
by pepo629 | 2005-09-15 15:46 | Poem

たなびく旗は・・・

たなびく旗を見てると・・・

b0005238_1534597.jpg


綺麗な空
その空に吹く風を受け止めて
たなびく旗・・・

私の気持ち
貴方の気持ち

揺らぐ気持ち
穏和な気持ち

まだ
まだ
定まらない気持ち


たぶん
焦りすぎると
きっと
億劫になる

返事はまだ

気持ちは明日の空次第・・・


押し出さないで

お願いだから


あおい空だけが知っている
たなびく気持ち


モナコ観光会議局


モナコ共和国英語で分解
[PR]
by pepo629 | 2005-09-12 15:26 | Poem


好きだって思うと
毎日電話をしたりメールをしたりそして逢いたいって考える
でも受け手と送り手の間には何らかの隙間がある

違いがあってこそ
それが楽しいんだけど
時々それが重荷になる

ちょっと時間を空けてみようと考える
でも相手には通じないこともあるんだよね

過去にいつも怖かったんだ

この人は本当に私を好きなんだろうかって

私はこの人を好きなんだろうかって

でも少し時間が必要なんだと思う

運命の人なんて光り輝いて目の前に現れる訳じゃないから

その人をゆっくり磨いていくって事

好きだったあの人は
今新しい恋人と上手くいってるから
きっと
私も・・・ね(笑)
[PR]
by pepo629 | 2005-09-01 11:50 | Poem

どんな色?

自然界の色をキャンバスに納めるのはなかなか難しい

見えるように描く

でも

見たままをそのまま描くことはとうてい出来ない


自分は
今まで
どんな色にも
どんな形にも
収まらないで
ただ
自分の思うように生きてきた

でも
あることをきっかけに
それじゃやっていけないことに気づく

気づいた後に
悲しいけれど 
色を見つけることに必死になっていく

必死に探しているうちに
なぜか涙もこぼれて
なんだか
無性に
何かを求める自分を見つけた

思いこんでしまうと詰め込んでしまう僕に
側にいた君が一言
「そんなに気張らなくてもいいんじゃない?
気楽に行くのが一番だよ」

君が教えてくれた色は少し淡い紫色だった

僕の色
君の色

それが混じってとってもすてきな色になったね

僕の色

いったいどんな色でキャンバスに乗せられるのかな

君の色に染まりつつある僕の色は
どんな色なんだろう
[PR]
by pepo629 | 2005-08-14 21:49 | Poem