自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Hello, Baby!( 39 )

二度目の命

胸が張ってます(笑)
2月20日のことですが、


いやぁ!二度目の正直と行って欲しい物ですが,
新しい命が宿っておりました。 010.gif

予想通りです。


二度目の産婦人科。
全く動じることなく検査を済ませ,先生のいる診察室へ。
「妊娠してるかどうか・・・見てみましょう」
最後の月経日や周期などを聞かれた後また内待合いへ。

数分後,再度台の上に呼ばれ,焦ることなく先生の診断を待つ。

「あっ!」

カーテン越しに先生の嬉しそうな声。

「たまこさん,妊娠してますよ。」

とカーテンを開け,超音波の映像を見る。

うぉー!! 038.gif

感動の対面である。

「心臓の動きもしっかりしてますね。」

先生の言葉が嬉しい。


診断の結果,まだ3ヶ月はいっておらず来週再度診察。

今度こそ母子手帳を貰うことが出来るのか??

そして仕事を辞めることが出来るのか・・・・?

うぉーーーーーーーーーーーーー!

感動である。 053.gif
[PR]
by pepo629 | 2008-03-14 15:22 | Hello, Baby!

胸が張ってます(笑)

2度目の懐妊・・・か?(まだ病院へは行っていないが,来月初旬行くつもり)

ちょっと慎重に毎日を過ごしています。

妊娠の兆候である胸張りもあります。

ちなみに入浴後,体重を計ったら50.00キロでした。



昨日は彼が仕事だったので,私はセレブでもないのに!?デパートで色々買い物してストレス発散をしました(笑)


お昼ご飯はクラブサンドイッチと紅茶,アイスクリーム,サラダのセット。

お腹一杯食べた後,カシミアの赤いマフラーを購入(ちょっと高め)

したり,色々回って2万近く?のお買い物。

旅行代理店でパンフレットを貰ったり(九州旅行を考え中)
[PR]
by pepo629 | 2008-01-28 10:23 | Hello, Baby!
昨日あまりにピンポイントだったので焦りました。
最後の生理の日を記入したら妊娠してる場合出産予定日などが分かるんですが,それがダーリンの誕生日と同じでした。


妊娠してたら今年の目標達成なんだけどなぁ(笑)
[PR]
by pepo629 | 2008-01-16 09:07 | Hello, Baby!

手術中の本音

手術は丸1日掛かりました。
朝の8時半に家を出て、9時についてそれから2回に分けて小さな針を入れて・・・
子宮が大きくなるのを待ってようやく15時から手術でした。

午前中はずっと寝てました。

他の病室からは新しい命が誕生したと思われる元気な赤ん坊の声が聞こえました。
一階ではお母さんの診察を待つ3歳か4歳?(実際に見ていないので年齢は不明)の
叫ぶ声が15分以上(これは午後の1時半くらいから)続きました。

赤ん坊って言うのはものすごい力を持ってるんだと痛感しました。


実際産んでいないので分かりませんけどね。



実際耳をふさぎたかった。

廊下を小走りに走る音の後、別の部屋のドアがノックされ、
「おめでとうございます」「かわいいね、よく頑張ったね」なんて聞こえるの結構きつかった。

あかちゃんが勢いよく泣いてる。
私の赤ちゃんもきっとお腹で泣いていたに違いありません。



体の痛みよりも本当に辛かったなぁ。

両親はオランダです。

8月末に帰国予定だそうです。

一方彼の実家のお母さんと妹さんが19日に来る予定だったのですが、
気を遣ってか手術後電話したときに「今回はやめておく」というので、
本当にがっかりです。

でも後から彼に頼んで、「来てもらおうよ、来てもらった方が私が楽になるから」と
言ってもらうことにしました。(きっと明日彼は連絡を入れるでしょう)

気を遣ってもらうことより、美味しい物を作って貰う楽しみのほうが大きいですし。
[PR]
by pepo629 | 2007-08-17 00:20 | Hello, Baby!
送り火を見に行ったのはちょうど10歳の夏でしたね。
暑い盛りに大と言う文字が燃えるのを三条大橋から見ましたっけね。

これをみて泣くなんて思いも寄りませんでした。

戦争への平和の火、失われた犠牲者への鎮魂の火・・・ 先祖代々に思いをはせる火・・・

おばあちゃんが亡くなったと聞いたとき(カナダでした。8月19日だったと思います)はさすがに泣きましたが、今回のように自分のお腹に宿った命が失われたら
泣いた方が気が楽になるんでしょうね。


目に涙。

でも大泣きではありません。


朝から注射や痛みをこらえてきた私です。

こんな痛みには負けませんよ。

友達からちょうど手紙が届きました。

嬉しかったです。

子供時代大好きだったドラえもんが描かれていました。

夢を何でも叶えてくれるドラえもんです。

私が知ってる(前の)声優の声が響きます。
「ぼく。ドラえもんだよ。きっときっとまた新しい命が生まれるよう祈ってるよ。だって君はこの痛みを知って一段と大きく生まれ変わったんだから・・・」


勝手なことですが、そう聞こえました。

赤ちゃんに合掌。

彼にもありがとうの感謝。
[PR]
by pepo629 | 2007-08-16 21:55 | Hello, Baby!

赤ちゃんの鼓動

胸が・・・

8月3日から一週間後の10日、ふたりで病院に行きました。
そしたら実は赤ちゃんの心臓の鼓動が聞こえてませんと言われました。

一喜一憂っていうのはこのことを指すのでしょうか。

言われた直後何を言われてるのか理解しようとしても出来ませんでした。

周りにいる(待合室で待っている女性たちが)大きなお腹をしてるのに
赤ちゃんが居るのに、お腹で息をしていないって事なんて・・・


ちょっと言葉が詰まりました。


待合い中読んでいたのは東野圭吾さんの「秘密」で事故のニュースを他人事のように聞いていた男が自分の娘と妻が乗っていることに気が付いて顔を青くしながらニュースで流れてくる
内容が頭に入ってくるというシーンでした。


偶然とはいえ、他人事ではない事実。

自分がまさかニュースの中の主人公(この言い方はおかしいけど)になるとは思いも寄りませんでした。


彼が運転してくれて、帰ってきた後洗濯物を干しながらコブクロの「yell」を聞いたら涙が出ました。

でも一杯出ませんでした。

悲しいはずなのにもう一つ気が付いたことがあってそのことの方が嬉しかったからです。

旦那に選んだ人がとっても頼りになる男と気が付いたからです。


その後ふたりでお昼ご飯を食べに行き、
電車に乗って宇治に向かいました。

宇治での話は「古都京からの便り」に書いてます。
[PR]
by pepo629 | 2007-08-11 10:09 | Hello, Baby!

胸が・・・

胸が張り裂けそうになるという言葉がありますが,はち切れんばかりの・・・・(以下省略)


マジでこんなに大きくなるとは想像もしてなかったんですが,
お腹より先に胸が・・・・(苦笑)


初潮があって2年後の秋,乳頭がやたらとかゆく掻きむしって血が出るので,病院(内科)に母と行きました。

高校生だった私は先生に「妊娠してるんですか」といきなり言われました。
ドラマで「14歳の母」ってありましたけど「17歳の母」になるところでした(苦笑)

「いやいや!まさか!」というと
「ホルモンが異常に出てるんですよ。薬付けといて下さい。」

以後なんて事なく過ぎ去り,まぁ,胸は大きくなりましたけど(笑)

妊娠ブック(雑誌)を見てびっくり!
「2サイズ大きくなります」

え?????????????????

どうすんのよ~(ブラジャーあるのか?)
[PR]
by pepo629 | 2007-08-09 09:43 | Hello, Baby!
妊娠発覚!の数日前・・・


ドコモダケHP


つい最近,彼が古い携帯の電話のマイクが音が出ないと言うことで最新の機種に変えた。

そしてお土産に持って帰ってきたドコモダケひまわりバージョン。(写真参照)
b0005238_115067.jpg


(写真はオークションに掛けられていたもの)
それを仕事で持って行ってるカバンに付けた。


同時に妊娠が判明したため,赤ちゃんの代わりと思っていつも触ってる。

ドコモダケを付けてると名前を付けたくなってきた。

赤ちゃんがお腹にいると思うと物質的な名前じゃかわいそうだから
「きらら」とか「さやか」とか女の子(と決まった訳じゃないのに)みたいな名前を彼に提案してみた。

名字と総合的に考えても良い感じ。
名字に濁点があるから私としては下の名前は濁点がないのが良いと考えている。

彼の反応はいまいち(どうでも言い訳じゃないだろうけど,私に任せると言った感じか・・・)で
とりあえず毎朝毎夕触ってます 。
[PR]
by pepo629 | 2007-08-08 11:50 | Hello, Baby!

妊娠発覚!

ニュース速報です。

今日は一日仕事を休んでいました。彼と一緒に朝は銀行周りをしました。

そして夕方産婦人科に人生初めての門をくぐりました。

予約は初診は出来ないため、待ち時間の間に尿検査、血圧と二つをやって呼ばれるのを待ちました。
そして約1時間後、診断室へ。まず受付で渡された質問書に沿って先生が質問。
「最後の月経は?」「妊娠をしているという体のサインがあるんですね」

というのも、初めて知ったんだけど、予定日が確定しないと市役所から母子手帳が手に入らないんだって。


ということでしばらくまた待って今度はさっきとは違うイスのある部屋に通された。いわゆる分娩台みたいなやつ。

看護婦さんに「下着を脱いで」と言われて
なんと私は緊張していたのか「ブラジャーもですか」と聞いてしまった。 (*^.^*)

考えたら赤ん坊は胸から出てこない。
目の前の男の先生にあそこを診せるのか?なんて考えてる間に
座ってください。とカーテン越しに声がする。

ぬめりとした冷たいものがいきなり子宮めがけて入ってくる。
痛くはないが気持ちいいものではない。
説明もなくなんかいきなりでイヤだったが、
コンピュータの液晶画面に赤ちゃんの映像が映ったときには
感動だった。

(写真の二つの×が見えるでしょうか。下が頭、上がお尻だそうです。)

b0005238_21482030.jpg

[PR]
by pepo629 | 2007-08-03 21:48 | Hello, Baby!