自由気ままな旅に出ています


by pepo629
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2004年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

(2003年夏のことです)

バンクーバーに来てちょうど7ヶ月目の朝、私はジャスパーのユースホステルのベットで目を覚ましました。

この旅の出発日はカナダディーといわゆる日本で言えば建国記念日にあたる7月1日。バンクーバーの小さなホステルからBigfootという会社のワゴン車に乗ってバンフへ向けて出発しました。

4月の末に韓国語のツアーで3泊4日3人の友達と共に出かけたときはまだ雪が腰の辺りまで残っていて、歩くのも困難、寒さも一流?、さらに限りなくある湖という湖が全て氷の世界で、エメラルドレイクもレイクルイーズも同じ真っ白だったのです・・・。

が!夏はさすが雪はなく、(山にはちらほら見えたけど)
さわやかな高原の風がどこからともなく吹いてきて・・・。
心はリゾート気分になるわぁーん。(笑)

郵便局で買うことのできる絵葉書を見ればこれくらいは表現できますが、実際バンフ、ジャスパーへ足を運ぶと・・バンフは夏でもジャンパーがいるほど寒いわよぉーー!!!(苦笑)となるわけです。

とにもかくにも、7月2日バンフのホステルへ(私は2人の友達と自由行動を1週間するつもりで、旅行前に全て私が電話をし、前日にも確認の電話を入れたりして予約をするだけで2日掛かった;--)到着。

バンフアベニューというバンクーバで言えばロブソン通りにあたるメイン道路の一番端にあるグローバルビレッジホステルで前日確認したはずなのにいきなり泊まる日数が間違っており、2日間の予定が1日だけよね?といわれ、焦らず、いいえ、私達は2日間ここに泊まる予定ですと拙い英語を駆使?してフロントのお姉さんに伝えた。

実はホームステイの犬が原因だと思うけど、このたびに出る10日前にダニにか弱い?足を数箇所かまれ、薬をロンドラで購入してやってきた私。
ダニアレルギーのせいで鼻水は止まらず、足はひどい状態で(特にふともも)真っ赤に晴れ上がるほどだった。

ホステルに泊まるとなると、清潔感の面、掃除がなされていないという問題などが頭をよぎったけど、
心配するまでもなくきれいな部屋で、6人部屋(女の子だけ)だったので、一安心。

夜疲れ切った体をシャワーで体を洗い。11時半ごろ就寝。
しかし、同じ部屋の女の子が(スロバキア語だったらしい)二人ずっとしゃべり続け、耐えられくなった私が一言。
「Could you stop talking?」
確かに強い口調であるけど、言わないと眠れない、明日の朝も遅くなるということでカナダ式に言いたいことは言いました。(もちろん状況によるけど)

翌朝友達2人が(1人は英語が堪能の学校の友達A子ちゃん、1人は日本から来た大学時代の親友B子ちゃん。「よく言ったねぇ!」と驚きながら言いました。
ホームステイ先でもほとんど自分の言いたいことを言わずに我慢してきたA子ちゃん。(今はダウンタウンでアパート暮らし)ほとんどの友達が何らかの問題を抱えて我慢をしてるという状況だけど(私自身も同じ)、言わなくちゃ何も変わらない、言って状況が良くなるなら言ってしまった方がずっと幸せでしょう!

とにかく、遊ぶつもりでやってきたロッキー。
バンフではゴンドラに乗り、ラフティング、そして偶然
街中で赤いブレザーに茶色?のズボンを着て長いブーツを履いたRCMP(警察官)→ カナダ人で初めてハンサムな人 が歩いてくるのを見て3人ともミーハー気分で写真を撮ってもらった。(心はハート、笑顔が印象的な30前のお兄様でしたわ。)

現像に出した写真を見返してもやっぱりハ・ン・サ・ム!!
(爆)
この彼を日本につれて帰って?結婚しちゃおうかしらん?(問題外)


 アクティビティその1:バンフの山に登ってしまえ!
 これもまた予想以外の展開になってしまったのですねぇ。
朝起きて、ホステルから歩くこと1時間半(もっと早くガイドブックを見ていればシャトルバスが$5であったと気が付いたのですが)。疲れた頃に見えてきたゴンドラ乗り場。

観光スポットのひとつらしく、各国の言葉、そしてさまざまな姿格好(髪の毛の色、肌の色等)をした人たちが大勢列を成していました。

カナダでも有名で大きなバス会社のひとつBrewstar社が営業しているらしくスタッフは全員会社の名前入りのシャツを着ておりました。
そんなに寒くは無いだろう、日本で言えば梅雨、蒸し蒸し暑い時期だし!と油断した私達。

最後の最後まで持ってくるか迷った冬のジャンパーを持ってくるべきだったねぇと後悔先に立たず。

ともあれ$21.50cと中途半端やなーと大阪の友達には言われたもののお金を払いゴンドラ(値段の割にはゆっくり楽しむ間もないくらい速い!!)に乗って頂上に着いたものの、
結局3分くらいしか外に居ることしかなくて、お昼時だったため、すぐ建物の中に入って$9と割高な昼食を食べ、おなかが膨れたところで再度ふもとへ逆戻り。

いったい何をしに来たんだろうね?これは禁句?とは思いながらも少し悲しかった私達でした。

教訓。山の天気は私のように?繊細なので、どういう天候でも適応できるようにしましょう!(笑)

一期一会
[PR]
by pepo629 | 2004-07-31 15:14 | Canada Report

[Morning relay]


When the boy dreamed of giraffes in Kamchatka,

The girl who lives in Mexico is waiting for a bus coming in morning haze.

When the girl who is in New York rolled over on her bed with smiling,

The boy who is in Rome winked at the rising sun which pours into capitals.

In this global,

Always it starts one morning wherever


We relayed mornings.

From longitude to another one

So to speak, we protect our world, the earth in rotation.



If you listened for before you go to bed, you would hear some bell rings that tell us coming one morning.

It is the sigh which was received by someone that you delivered them one morning.


By Shuntaro Tanigawa
translate by Tami

ミラノな日々 *the picture is sunset, but I like so much!
[PR]
by pepo629 | 2004-07-31 15:11 | Poem
賞味期限(時間)にみるスポーツ

(3年以上前日本で雪●乳業の事件があった頃に書いたものです。)

スーパーで牛乳を買った。

賞味期限と言う言葉、お聞きになったことがあると思う。

その言葉からイメージしたもの。

おいしさ、スピード、時間(年齢)・・・。

期限。限界。

どんなスポーツを見ても、プロとしてスポーツに関わることが出来る時間はほんのひとときに過ぎない。

ほんの数秒というタイムを出すために陸上選手は何年も掛けてオリンピックという大舞台に立つ。

コンマ何秒という時間で判断し、ジャンプ台から舞う選手達。

精神力、体力、気力、実力。

なんて短い間に何て短い期間に全てを出し切らなければならないんだろう。

スポーツという名の下にある記録。

記録は破られるためにあるという。

しかし・・・記録を作ることは容易なことではない。

容易でないことをやり遂げた時こそ、限界に挑むスポーツに記録が生まれ、感動が渦巻く。

人生は短いだろうか・・・長いだろうか・・・、

朝日系列TV:「万物創世紀」の最終回を見て思った。

何千億という種類の生物がいる中で、人間だけに与えられた「老後」という時間。


人は限界を知ってるのだろうか。

人が限界という言葉を理解するのはいつだろうか。

天に昇っていく感覚を人は意識することが出来るのだろうか・・・。

限界に近づくことが出来るならスポーツをしてみたい。

運動神経がないのはどうしようもない・・・が。(笑)


※ 近所にあるコンビニは雪○中毒事件後もなお・・・牛乳を賞味期限ギリギリになっても置いている・・・。(恐)

さぁ。暖かくなったので、何か身体を動かしてみようか。

ボキッボキッ!!!!
無理しすぎたせいで骨が折れました。賞味期限切れの牛乳には気を付けましょう。(爆)


追伸:カナダの賞味期限はかなり長く、豆腐は一ヶ月
牛乳、卵は2週間。
何が一体はいっているのか本当に疑ってしまいそう。
[PR]
by pepo629 | 2004-07-31 12:18 | Sports

I saw a big cabbege

Hi, every one!
I went shopping with my friend.
Then I was so surprised at seeing very very big cabbeges!!

They are bigger than my face! Who can eat all of this!!

Also, I bought an artist set that is creons, water colors and so on.
I will draw something to stress out.
[PR]
by pepo629 | 2004-07-31 12:07 | Canada Report

I miss you



KISS, KISS, KISS

Every night
I miss you so much

I could not sleep because you are in my mind

The first day when I met you,

you hold on me

then KISS KISS KISS
b0005238_1375527.jpg

How much do you love me right now?
How much do you miss me right now?

I always missing you

Come to see me

You are always in my mind
[PR]
by pepo629 | 2004-07-31 04:45 | Poem

今日は快晴

心は曇り時々雹(爆)

カナダに来て約1年半。
やることやって来ましたが、どうも身体が付いていかない。
食べても食べても痩せていく感じ。

うーん。
愛する自転車のタイヤだけを盗まれ(苦笑)
今は毎日歩いて通う毎日。

足が疲れるけど、体力は負けへんで。(笑


ともかくショートストーリーとこの日記を更新してみました。
夏に合う素敵な?物語です。


感想をどうぞコメントしてください
[PR]
by pepo629 | 2004-07-30 15:02 | Canada Report

帰れソレントへ


プロローグ  愛を語れ

b0005238_10243588.jpg



1878年

 青い海、青い空、白い雲。

カプリは僕の大好きな故郷だ。この町に来る人は皆陽気に振るまい、何もなかったように去っていく。

昔も今も変わらないカプリの時間。

リゾート地として訪れる人たちとここに生まれ育った僕らの関係。

時間の流れは僕にも流れていた。

好きな音楽と好きな海。毎年夏はマリーナに出てはギターを持って歌った。

この年も同じだった。いつもと変わらない太陽と海と町。

そして、町を訪れる人たち。

 20になる前だった。美しい背景を背にいつものように歌を歌いにマリーナに出た。

人が集まり、僕の歌を聴いた。僕は目をつむって静かに歌った。恋の意味も分からない自分が恋の歌を必死に歌った。

愛の奥深さを知らない自分が愛を歌っていた。

愛を語ることは難しいのに、歌なら自然に出てくること。

嬉しいようなうっとうしいような・・・ジレンマだった。

二部  愛を知った瞬間

 恋人が居る友人が羨ましかった。

自分だって女の子に好かれたいと思った。

キスだって手をつなぐこともなかった僕は想像だけを膨らませて恋人と永遠に過ごせると思っていた。

永遠に幸せな気分のまま生きていけると思っていた・・・。

だけど、現実にはそんな永遠などなかった。

 エリーナに逢ったのは僕にとって衝撃だった。

彼女は僕に恋を教えてくれた。ほのかに燃え上がる感情、愛しいという想い、切ない思い、傷も幸せもそして、キスも・・・・

 エリーナは「ローマから来たの」というと帽子を取って、僕の歌を聴いた。

隣に座り、一緒に歌いたいと歌詞を教えてと言った。

年は聞かなかったが、年上ぽい落ち着きを持っていた。

ほのかに香水の匂いがする彼女が隣に座ったとき、僕は唾を飲んだ。落ち着くことが出来なかった。事実言葉が震えた。

微笑む彼女。おどおどしてる僕。

会って3日目、歩きたいというので、自分のお気に入りの場所に彼女を案内した。

オレンジの匂いが漂う中、僕らは歩いた。オレンジを一つ頂いて彼女に手渡すと彼女はおいしそうに頬ばった。見てるだけで幸せな気分に浸れた。太陽も海も町も輝いて見えた。

彼女の手を握るとオレンジの香りだった。

オレンジの香りは彼女を思い起こさせる。

彼女の息遣い。唇に付いたオレンジの果肉。

こぼれる果汁。

隣に座って話しかけてくるときの髪の匂い。

笑い声、一言一言の言葉遣いまで。オレンジの香りは全てを語る。愛を知った瞬間だった。

太陽を浴びてたわわに実ったオレンジ。彼女の手によってもぎ取られ、食べられてしまう僕。食べられて忘れ去られる僕。

お互い愛し合ってると思っていたのに彼女はそう言うつもりで付き合っていなかったと知ったときの切なさ。信頼しあっていたと思っていたのに、自分の思いこみだったと知ったときの空しさ。

オレンジを見ると何もかも思い出す。

帰ってきて欲しいと何度も思った。

あれから何年経っても脳裏に甦る。

別れ際君が言った言葉が信じられなかった。

「素敵な夏をありがとう。」

そして言ったね。

「私は行くわ。」

あっさりと。僕の気持ちをかわすように。

 あれ以来連絡はない。 どうしたって言うんだろう。

 心配で連絡したくても家の住所が分からない。

ポストだってない・・・。郵便局員さえいないカプリの島。僕は歌を歌うことで君を忘れようとした。

忘れることなど出来ないはずなのに、必死に前に進もうと努力したんだ・・・・。



 三部  ポスト

あの恋から20年以上経った1904年首相に歌を贈り、カプリの島にポストが設置されることになった。

島に待望の郵便局が出来た。気持ちを切手に託して伝える事が出来るようになっていた。僕は40になっていた。結婚し、子どもが生まれ、そして歌を作って生活を送ってきた。町の人に「歌を作ってくれ」と言われたとき、否応なく彼女との思い出を詰め込んだ。

首相はもちろん町の人も歌を愛した。

今も昔も変わらない海を見ながらほのかに思った。

彼女がもしこの歌を口ずさむことがあれば、僕は永遠という言葉を信じよう。 

思い出は思い出に過ぎないけれど、20年前のあの瞬間はやはり衝撃そのものだった・・・。

嘘で固められ、ドラマチックに演出していようと、幸せだった。

そう、あの恋で振られたからと言って不幸だとは思わない。

何度も泣かされたり、戸惑ったりしたけれど僕は本当に君に逢えてよかった。

彼女が帰ってきて欲しいと何度も思ったけれど、帰ってきたらきっと目を合わすことなど出来ないだろう。君は美しい思い出なのだ。心の中に閉じこめておかねばならない。

あのときマリーナで口ずさんでいた歌と共に・・。

 「帰れ!ソレントへ!

  帰れ!思い出の地に!

  愛しい君を僕は永遠に閉じこめるから!」 

 郵便局が出来た日、君宛の手紙をポストに投函したよ。

君に届いてると良いけれど・・・



★この作品は帰れソレントへ!の曲の背景を元に作ってみました・。・
[PR]
by pepo629 | 2004-07-30 14:57 | Short Story

Message for everyone

Everyone, Thank you so much coming to my homepage.......


She is  Pepo、         14年生きて6月29日に天国へ →                 
b0005238_2146942.jpg
Her owner is so happy to see you through the online....
There are some mistakes about spelling but she has tried to write this site in English as she can.


メール、コメントもどうぞお願いいたします。
Would you give her your lovely message !!!!


E-mail or MSN messenger: here



More
[PR]
by pepo629 | 2004-07-25 16:50 | Site map

Hi, there!

Welcome to my homepage!
My name is Kyotogirl, Tami!

I would like to introduce my own life stories and any interests in my world. Since I came to Canada to study English, almost two years had passed already!!!

I came from Kyoto, Japan where is a very famous historical place.
I have missed there so much in these days.
However, coming to Canada is also my own life.

If you would like to tell something about this site, do not hesitate!
Do it! Say something!

[PR]
by pepo629 | 2004-07-25 16:28 | Site map